【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ネットで○○する時

 

HOME » コラム(メルマガ) » ネットで○○する時

ホームページをできる営業マンにするコラム

ネットで○○する時

インターネットで何かをする時、私たちはどうすべきなのか。Webコンサルタントの視点からお答えします。2008年06月11日配信停止。

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
1|2345678910 Next≫

イーナチュラルでホームページ制作をする時

  このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社でホームページ制作を手掛けるとき、多くの場合「サイト調査」からその
第一歩がスタートします。

これを聞いて、「ホームページを制作するのに何で調査が必要なの?」と思わ
れる方もいるかもしれません。実際の現場でも、お客様からそのような疑問を
投げかけられることがあります。

サイト調査には、時間とコストが伴います。だったら、さっさとホームページ
を構築してしまって、形として世に出してしまったほうが良いのではと思われ
るかも知れません。

しかし、ちょっと待ってください。何か物を買ったり、あるいは何かの行動を
起こすときは、皆さんやっぱり「調査」をしていませんか?

雑誌やクチコミサイトなどで評判を確かめたり、価格比較サイトで相場を調べ
たり、モノであれば店頭で実際に手に取ってみるといったこともあるかも知れ
ません。全く何も考えずに決めてしまうことは、そう多くないはずです。

「良いものを手にしたい」、「納得したい」、「失敗はしたくない」ためには、
やはり事前の調査が必要で、それはホームページ制作でも変わらないのです。

調査をしなければ、勘と推測だけに頼ってホームページ制作をすることになり、
結果として回り道をしてしまうことに繋がりかねません。

ホームページの構築をご検討の方は、事前調査の必要性を、ぜひ頭の片隅に留
めておいて下さい。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年06月11日

自社の検索ログを見直してみる時

  このエントリーをはてなブックマークに追加

はい、今回はタイトルが全てを物語っているといっても過言ではありません。

ここで言うところの検索ログとは、YahooやGoogleでどんな言葉が使われて自社
サイトに訪問したかというおなじみの話ではなく、自社サイト内に設置された
検索システムのログに注目してみようという話です。

サイトの情報を訪問者に効率的に見つけてもらう手段にひとつとして、サイト
内検索の仕組みを導入しているホームページは数多くありますが、それを自社
のマーケティングに活用しているという話はあまり聞きません。

しかし、訪問者がサイト内検索で入力するキーワードは、


「私はこのサイトでコレを知りたい!」


というかなりホットなニーズが込められていると言えるでしょう。

例えば、日本でビジネスブログを構築する際の準標準的なソフトウェアと言え
るMovableTypeでは、管理画面の「ログ」から使われたキーワードを閲覧するこ
とが出来ます。

最終的には使われたキーワードから「何を導き出すか」が重要になりますが、
まずは検索ログにざっと目を通してみるだけでも、思わぬ発見があるかもしれ
ません。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年05月14日

この春からウェブ担当者になった時

  このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの会社で年度の初めを迎える4月、部署の移動などで今年度からウェブ担当
者になった方も少なくないと思います。あるいは、今年度から本格的にホーム
ページの営業活用に取り組んでいこうと考えている企業もあることと思います。

しかし、ホームページを営業に活用しようと思っても、果たしてどこから手を
つけていいのやらと、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

本を開けばSEO・SEM・LPO・CMSといった耳慣れない3文字英語があふれており、
行動マーケティング分、クチコミマーケティング、ユーザビリティ検証など、
やることはたくさんありそうです。

何やら手をつける前から挫折してしまいそうな雰囲気になってしまいますが、
そういった方にはぜひ「アクセス解析」からスタートされることをおすすめし
ます。「いまさらアクセス解析?」と思われる方もいるかもしれませんが、ア
クセス解析こそすべてのウェブマーケティング活動の基礎と言っても過言では
ありません。

アクセス解析というと、ページビュー(何ページ閲覧されたか)やユニークユー
ザー(訪問者は何人だったか)といった分かりやすい数字に目が向きがちです。
しかし、その数字は競合他社との比較の中で初めて善し悪し判断出来るもので、
単独で評価するのが意外と難しいのです。

それよりも、検索エンジンで使われたキーワードやリンク元の情報、問い合わ
せをした訪問者の行動を追えるアクセス解析であればその行動履歴といったマー
ケティング的指標に目を向けてみてください。ただの数字の羅列にしか見えな
かったアクセス解析画面から、訪問者(お客様)の姿を浮かび上がってくるは
ずです。

無料アクセス解析ツールであるGoogle Analyticsの登場以来、アクセス解析自
体は随分と一般化したように思います。しかし、アクセス解析の普及は進んだ
ものの、その活用はあまり出来ていない印象を受けます。

大切な情報は、意外と足もとに転がっていたります。ウェブマスター1年生の人
も、そうでないひとも、アクセス解析の画面を今一度眺めてみてはいかがでしょ
うか?

» このコラムの個別ページを見る | 2008年04月09日

今は、やらない

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページ制作では、企画から構築に至るまでに実に様々な資料が用意され
ます。サイト企画案、サイトマップ、サイトレイアウト案といった、目的に応
じた資料をベースとして、お客様と制作会社との間でこれから作るべきホーム
ページの姿、そのためにやらなければいけないことを共有していきます。

ところで、やるべきことを決めるその過程では、時期が合わない、目的に合致
しない、コストが見合わない、マンパワーが足りないなどの理由で、「今はや
らないこと」や「やらないこと」も同時に決まります。

しかし、「やるべきこと」がキチンと資料化されているのに比べ、「やらない
こと」はやるべきことの行間に隠れてしまって、明確な記録として残されてい
ないことが多いようです。

ホームページの制作が進んでいくと、良い意味でも悪い意味でも欲が出てきま
す。自社のホームページをより良くしたいと思うのは自然なことですし、制作
会社も良いものをご提供したいと思っているはずですので、制作を進めていく
とやりたいことがいろいろと出てきます。

もちろん、それが本当にやったほうがよいことであれば問題ありません。ただ、
当初の段階で「やらない」と決めたことが頭をもたげてきたときは注意が必要
です。

「やらない」と決めたことには相応の理由があってのことなので、それに途中
から手を付けようとすると混乱し、余計なエネルギーを使う結果になりがちで
す。

ホームページを営業活用するためには、取り組むべき課題やアイディアは数多
くあります。一方で、数が多い故に同時に取り組むのはなかなか大変です。結
果、どこかで優先順位をつけて順番に手をつけていく必要が出てきます。

やるべきことは沢山あるということを理解したうえで、ブレずに一つずつ取り
組んでいくことが、成功するホームページに求められる重要な要素のひとつと
言えると思います。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年03月12日

IE7が自動更新される時

  このエントリーをはてなブックマークに追加

あちらこちらで記事を見かけるのでご存じの方も多いと思いますが、マイクロ
ソフト社の最新ブラウザであるInternet Explorer(IE7)の自動更新がいよい
よ始まります。


Windows Internet Explorer 7: ホーム
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/


自動更新がスタートするのが2008年2月13日、つまり本日です。このコラムを読
んでいるころには、すでにIE7をインストール済みという方もいらっしゃること
でしょう。

IE7自体は2006年11月にすでにリリースされていますが、いわゆるWindows Update
での配信ではなく、マイクロソフトのサイトから各自でダウンロードする必要
がありました。そのため、それほど導入が進んでいませんでした。弊社のお客
様のアクセス解析を見る限りでは、現状ではIE6とIE7は8:2程度の割合のようで
す。

13日以降、この比率は確実にIE7に傾いていくと思われますが、そうなった時
に、Webサイトを預かっている人間として注意して置かなくてはいけない点をい
くつかあげておきましょう。

まずは、ページレイアウトの崩れ。各ブラウザはHTMLという共通の言語を理解
して、ホームページを表示します。共通の言語なので、本来であればどのブラ
ウザで表示しても同じ結果になるはずですが、実際にはそうならないケースが
あります。なぜなら、各ブラウザには「方言」ともいうべき、HTMLの解釈の違
いがあるからです。

IE6とIE7の間においても、この「方言」の存在が確認されていますので、IE6で
はキチンと表示されていたが、IE7ではうまく表示されないというサイトも出て
くることが予想されます。致命的なレイアウト崩れは、閲覧者にうまく情報を
伝えられないことに繋がりますので、サイト管理者としては基本項目としてチェッ
クをしておきたいところです。

また、IE7ではいくつか新機能が搭載されますが、その中のひとつである「タブ
ブラウジング機能」は、その普及度合いによっては、今後のアクセス解析に影
響を与える可能性があると思っています。

タブブラウジング機能は、ちょうどEXCELのシートを切り替えるような感覚で、
一つのウィンドウの中で複数のホームページを同時に開いておくことを可能と
する機能です。Macintoshの標準ブラウザであるSafariなどをご利用の方には、
すでにおなじみの機能だと思います。

タブブラウズは、多くのページを同時に開いてそれらを見比べたり、あるペー
ジを開いたままにしておきつつ他のページの閲覧するといった場面での使い勝
手の向上に、多いに貢献する機能です。

一方で、たくさんのページを同時に開きやすくなれば1訪問あたりのページ閲覧
数が増加する傾向が見られたり、ページを開いたままの状態が増えれば見かけ
上のページ滞在時間も増えるというように、アクセス解析から得られる情報に
何らかの変化を与える可能性も考えられます。

また、タブブラウジング機能で一度にたくさんのページを開いたうえでページ
を閲覧するというスタイルが一般的になると、問い合わせをした人がそれまで
に閲覧したページをアクセス解析から割り出すこと(行動の解析)も、場合に
よっては難しくなるかもしれません。

タブブラウジングは、ブラウザをヘビーに使いこなす人向けの機能という側面
もあるので、アクセス解析の影響を与えるほどの一般的な機能として認知され
るかは未知数な部分もあります。

ただ、ページ閲覧数やページ滞在時間を何らかのマーケティング指標をとして
活用されているサイト管理者の方は、タブブラウジング機能の存在は頭の片隅
に置いておいたほうがよいでしょう。

» このコラムの個別ページを見る | 2008年02月13日

1|2345678910 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。