【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:目からウロコの企業Web活用術

 

HOME » コラム(メルマガ) » 目からウロコの企業Web活用術

ホームページをできる営業マンにするコラム

目からウロコの企業Web活用術

企業Web活用に関するお役立ち情報を発信。2003年6月25日配信停止。

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 
1|2345 Next≫

同義語・類義語をとことん探す

  このエントリーをはてなブックマークに追加

同義語は、発音や表記が違っても意味の同じ言葉。
類義語は、発音や表記が違っても意味の似かよった言葉。
となることはご存じかと思います。これが何に役立つかと言いますと、ホーム
ページにとってものすごく重要なことなのです。

・自社は「自動車」を売っていると思っているのに、ユーザーは「車」を買い
たいと思っていたら・・・

・自社は「損保」の会社だと思っているのに、ユーザーは「損害保険」を欲し
いと思っていたら・・・

・自社は「ベースボールグッズ」を作る会社だと思っているのに、ユーザーは
「野球道具」を欲しいと思っていたら・・・

会社の思惑とは別に、ユーザーとうまく意思疎通できない(→検索されない)
ホームページになりかねません。これはほんの一例ですが、売り手となる会社
ではあたり前になっている言葉が、ユーザーにとっては一般的でない場合がよ
くあります。これでは、今はやりのSEO(検索エンジン最適化)を施したところで、
自己満足のに陥ってしまう可能性だってあります。ユーザーが利用しないキー
ワードで是が非でも検索結果で1位になるより、ユーザーが利用するキーワード
で10位の方が効果的だということはよくあるのです。

こんなユーザーとのすれ違いを防ぐためにも、同義語・類義語に関する調査は
避けては通れません。SEO(検索エンジン最適化)に限らず、ユーザーが利用して
いる言葉で書かれていれば、より読みやすいコンテンツになることに違いあり
ませんからね。

自分で同義語・類義語がないか考えてみる。人に聞いてみる。同業他社さんの
ホームページを見てみる。関連書籍を読んでみる。辞書で調べる。などなど様
々な方法が思い浮かびます。お薦めとしては

ネットで調べるなら「シソーラス(類語)検索」by 言語工学研究所
http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/

PCで調べるソフトでは「デジタル類語辞典2003シソーラス」by ジャングル
http://www.junglejapan.com/ruigo/

などがあります。もちろん、一般的な言葉でなければなかなかうまくいかない
こともありますので、関係メンバーでブレーンストーミングをしたり、日頃か
ら言葉に関する感度を高めておくことが重要であることには変わりありません。

「この言いまわしでホントに良いか?」自問自答です。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年06月25日

広告の効果を測定する

  このエントリーをはてなブックマークに追加

広告内容Aで広告媒体Bを通じて広告を出すと、1,000の反応があって、そこから
10の注文があって、利益がいくらになる。そんな風に広告の効果が明確にわか
れば、広告展開を検討するのも楽ですよね。実際には様々な内容が絡んでいて、
1+2=3などといった簡単な公式にはならないものですが、どうなるかさっぱりわ
からない広告を打つほど不安なものはありません。ここはしっかりと効果を測
定しようではありませんか。

ホームページのプロモーションで、こんなことは気になりませんか?
・アドワーズとオーバーチュア、どちらが効果的だろう?
・キーワード広告のキーワードは何が効果的なのだろう?
・毎週出しているメールマガジン、どの号が効果的だったのだろう?
・懸賞サイトにたくさん登録したけど、どこのサイトに出すのがいいのだろう?
・プレスリリース配信で、どの媒体が関心を持ち、どこに掲載されたのだろう?
・1to1メールを送ったけど、誰がどこをクリックしてくれたのだろう?

これらをしっかりと把握していれば、広告の予算を最小限にとどめて最大限の
効果を発揮できるように、データを元に工夫することができますよね。

例えば、グーグルのアドワーズに毎月10万円投資すると、利益が20万円になる。
そんなようなことがわかっていれば、アドワーズに出稿しまくれという判断が
簡単にできます。これが効果を測定できていないと、なんとなく良さそうだっ
たから来月も出してみようかな?などと勘に頼った不安な判断基準になってし
まいます。もちろん、データを元にした明確な判断ができた方が良いというこ
とになりますね。

ホームページの場合は、アクセス解析もしくは広告効果測定ツールなどを利用
して効果を測定することが可能です。弊社で提供している「いちにのアクセス
解析」でも「マーケティングID」という機能を利用して、広告の効果を測定す
ることができます。「マーケティングID」広告やユーザー毎にIDを割り振って、
そのIDを元に解析する機能です。また、広告予算や投資効果までもわかる広告
効果測定ツールもいくつかあるようです。

広告効果以上に広告効果測定にお金をかけては本末転倒ですので、自社の状況
に合わせて無料・有料のアクセス解析や広告効果測定ツールなどを検討されて
みてはいかがでしょうか?

いちにのアクセス解析「マーケティングIDの使い方」
http://www.12no3.com/access/marketing_id.htm

以前はマンション営業をしていましたが、その際にダイレクトメールやポスト
に投函するチラシの返送ハガキ1枚1枚に、居住形態などを表すちょっとした印
などをつけていたことを思い出すと、今は効果測定も便利になったものだとあ
らためて思います。活かさない手はありません。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年06月11日

Googleの動きに一喜一憂

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、Googleの検索エンジンの結果が流動的になっています。一昨日まで1
位だったのが、昨日は圏外、今日は5位・・・などなど。順位の乱高下もそうで
すが、ページランクも5になったり0になったり3になったり、落ち着く気配があ
りません。アルゴリズムがどう変わったのか? 非常に気になって仕方がなくて、
血眼になって調べている方もいらっしゃると思います。ただ一つ言えることは、
今現在は非常に流動的な状況で、そこにばかりとらわれるのは得策ではないと
いうことです。

検索エンジンを欺いて検索結果の上位に無理矢理表示させようとしているスパ
ムを排除させ、より人間の求めてる検索結果を導き出すために、検索エンジン
を提供している会社は日々努力をされていることと思います。Googleは、Yahoo!
のページ検索やexcite、BIGLOBE、Niftyといったようなサイトにも提供されて
いる検索エンジンのため、その影響範囲が大きく検索結果がそのまま売上の増
減に直結するような会社もあることでしょう。だからこそ、Googleの動きに一
喜一憂してしまうわけですね。ですが、その動きを一から十まで追いかけてい
くことは、果たして限りある時間を有効に活用しようとした場合に有効でしょ
うか?

ふと考えてみると、例えばショッピングサイトで・・・
検索エンジン経由の「サイト訪問者」が「1%」の確率で購入をするとします。
首尾良く検索結果の順位が向上できて「サイト訪問者」が「1.5倍」になると、
「売上」は「1.5倍」になります。逆に、検索結果の順位は同じままでも「サイ
ト訪問者」にうまくプレゼンテーションができるサイトにブラッシュアップし
たり、魅力的な商品を導入することによって「サイト訪問者」の購入確率を
「1.5倍」にすることができれば「売上」は「1.5倍」になります。もちろん、
両方とも「1.5倍」に向上させることができれば「売上」は「2.25倍」になりま
す。実際にはこれほど計算通りにはいかなかったりしますが、かけるコストや
時間、効果のバランスを考えてサイトの運営をした方がお得なようです。

以前、顧客や自分たちのビジネスをうっかり忘れて、ITのためにITを導入する
ことになってしまった企業の話をよく聞きました。目的のはき違えにならない
ように、顧客や自分たちのビジネスの視点をしっかりと持ってサイト運営に携
わりたいものです。

ビジネスの相手は顧客であって、検索エンジンではありません。しかし、影響
が大きい検索エンジンのことは忘れないでください。何事もバランスです。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年05月28日

アクセス解析結果を活かす

  このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス解析の結果は単なる数値ですので、ただ結果を眺めただけでは何もわ
かりません。結果である数値から何を導き出すかがWebマスターの腕の見せ所で
す。

何もしてないのに・・・

ABCという検索キーワードが増えた
→ テレビや雑誌で紹介された?

アクセス数が伸びたぺージがある
→ どこからかリンクされた?

リンクの言葉を変えてみたら・・・

アクセスが増えた
→ うまくいっている証拠、その他も変えてみよう

アクセスが減った
→ ちょっと失敗したかも?違うアレンジをしてみよう

この他にも、問い合わせや購入をしてくれた方々が検索エンジンに入力したキー
ワードがわかれば、何を望んで来られる方が顧客になる確率が高いかがわかり
ます。その検索キーワードで、ホームページにSEO(検索エンジン最適化)を施
してあげると良いでしょう。

アクセス解析は単なる結果ですが、その結果になった「原因」を突き止められ
ると対策が見えてきます。「原因」を導き出すためには、常に「仮説」を立て
てホームページ運営・更新をしていくと、結果から「原因」を推測する道筋が
見えてきます。

「仮説」こうしたらああなるかなあ?

「行動」やってみる

(原因)

「結果」アクセス解析でチェック「原因」を想像する

やみくもに打つ鉄砲はなかなか当たりません。微調整を繰り返しながらできる
のが、ホームページの良いところでもありますので、月に一度はよく考えてア
クセス解析結果をチェックしてみましょう。最初は「結果はこうだった、ふ~
ん」ぐらいの内容でも、仮説検証を繰り返していくことで「あの行動でこうい
う結果になるんだったら、こうやったらああなりそうだなあ」などと、アイデ
アが広がって行くに違いありません。アクセス解析結果をホームページに活か
して下さい。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年05月14日

インターネット時代のネーミング

  このエントリーをはてなブックマークに追加

イーナチュラルのアクセス解析ASP「いちにのアクセス解析」は、なぜ「いちに
のアクセス解析」なのか? これには理由があります。

ブランド効果の発揮できる大企業などであれば、英語表記の素敵な表現でもか
まわないかもしれませんが、中小企業の会社名やサービスでインターネットを
意識したものであれば

・誰でも読める
・覚えやすい
・パソコンなどで入力しやすい
・内容がイメージしやすい

などが重要ではないでしょうか。

例えば
・わかる人にしかわからなそうな「解析ハンター」
・覚えきれない「Internet User Finder System DV1」
・入力に手間取りそうな「いっちにっのログ解析」
・何のことかすぐにはわからない「AAA Super xG」

などとしてしまうと、色々なところで弊害が出てきます。

ご存じのように、何か捜しものをする時にほとんどの方が検索エンジンに思い
ついたキーワードをそのまま入力します。「アクセス解析」を探している人は
「アクセス解析」と入力しますし、以前に見つけた情報に再度たどり着こうと
思って入力するキーワードは、やはり会社名やサービス名なのです。せっかく
自社のサービスを探している方に情報を届けられないほど悲しいことはありま
せんので、ご注意ください。

また「いちにのアクセス解析」が「いちにのログ解析」でも「いちにのアクセ
スログ解析」でないのにも、明確な理由があります。一般にこのようなサービ
スをイメージする言葉として「アクセス解析」が圧倒的に多いのです。人によっ
ては、「ログ解析」「アクセスログ解析」が思い浮かぶ方もいらっしゃるかも
しれませんが、その差は歴然としてます。

会社名を変えるのは大変ですが、新しい商品やサービスを立ち上げる際にはシ
ンプルでわかりやすいネーミングを意識してみてはいかがでしょうか?

しかし、一つだけ注意点があります。分かり易すぎても困るのです。例えば
サービス名を「アクセス解析」という一般的な名詞などにしてしまうと、逆に
埋もれてしまって、いくら検索しても見つけられにくくなってしまうのです。

» このコラムの個別ページを見る | 2003年04月23日

1|2345 Next≫

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。