ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

重複コンテンツというワナ

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2020.10.14

最近、重複コンテンツに関する話題をチラホラと見かけたのですが、
Googleが公式に回答したからなんですね。

別サイトに配信した記事をGoogleは重複コンテンツとみなす。究極の対策は配信しないこと
https://www.suzukikenichi.com/blog/google-sees-syndicated-content-as-duplicate-content/

ここで話題になっている重複コンテンツは、厳密には他サイトへの
シンジケート=配信という話ですね。

Yahooニュースなどに代表されるニュース配信サイトは、
そのほとんどの記事はオリジナルのものではなく、
新聞社や出版社から配信されたものです。

そしてそのニュースは、Yahooニュースだけでなく自社サイトでも
配信され、その時にオリジナルのはずの自社サイトのページが、
必ずしも検索上位とは限りませんよ、という警告を含んだ話と
なっています。

「なんだウチのサイトは関係無いや」かというと、
重複コンテンツには気をつけるべしという点では、一般的な
サイトでも変わりはありません。

一般的なサイトで重複コンテンツに気をつけるべきは、
重複コンテンツ=コピーコンテンツに悪意無くなってしまう
ケースです。

弊社のお客様でこんな事例はありました。

そのサイトにはブログのコーナーがあり、その業界の知見を幅広く
発信し、コンテンツとして優秀だったので相応のアクセスを
集めていました。

そこで、このコンテンツをもっと多くの人に知ってもらいたいと
考えたお客様は、外部のブログサービスでもまったく同じ記事の
配信を始めました。

そして数ヶ月後、自社サイトのブログへのアクセスが激減しました。
なぜなら、検索結果に自社ブログの記事は一切表示されなくなって
しまったからです。

これは、本来はオリジナルのはずの自社ブログが、
外部ブログサービスのコピーコンテンツ(重複コンテンツ)と
Googleから判定されてしまったからでした。

幸いにも、外部ブログサービスを閉鎖して程なくしたころに
自社ブログのアクセスは復活しましたが、
悪意が無いコピーコンテンツ行為の典型例とも言えます。

無意識コピーコンテンツのあるあるとしては、
例えばサービスごとに別ドメインのサイトになっていて、
それぞれのサイトで全く同じ or ほぼ同じコンテンツを掲載
していた、なんていう場合も、それと知らないうちに危うい
橋を渡っているケースと言えると思います。

もっとも、自社で管理出来るサイト間での重複コンテンツは
Canonical設定をしてあげれば全然怖がる必要はないのですが、
そこまで目が行き届いていないサイトも、実際には多いですね。

無意識の重複コンテンツ、気をつけましょう。

2020.10.14


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。