ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

アクセス数の謎?

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2007.03.28

アクセス数ときいて、どのような数字を思い浮かべますか?

おそらく「人」が「ホームページ」にアクセスしてくれた数ではないか、とい
うイメージが一般的でしょうか。ところが実際のところは、数え方によって
「何」が「どこ」にアクセスしてくれた数なのか、というのが様々です。

そのため、「アクセス数はどれくらいですか?」という質問をしたときに、
「10万です」と言われても、どのくらいすごいのか、それともすごくないのか
がよくわからない、ということになります。例えていえば、営業マンの「訪問
件数は10件です」というのが、同じ地域での飛び込み訪問10件と、地域がまち
まちでアポあり訪問が10件とでは、同じ10件でもその意味が大きく異なってく
るのと似ているかもしれません。

代表的な例をあげていくと・・・

もっとも数が多くなりがちなアクセス数は「ヒット数」です。アクセス数なの
にヒット数とは不思議に思われるかもしれませんが、ヒット数をアクセス数と
勘違いしてしまうこともまだまだあるようです。そもそもヒット数は、サーバー
にあるファイルにアクセスされた数を言います。例えば、ブラウザで人がホー
ムページにアクセスした際、一つのHTMLと複数の画像ファイルやCSSファイルな
どにアクセスすることになります。これらを全て含めてヒット数はカウントさ
れますので、人が1アクセスしたことで何十ヒットにもなってしまいます。

次にアクセス数が多くなるのが、誰かれかまわずにページにアクセスされた数
を集計してしまうことです。本来なら「人」が「ホームページ」にアクセスし
てくれた数を集計したいところですが、「人」以外にも検索エンジンの「ロボッ
ト」やサーバーへの「攻撃」などがあります。サーバーによっては、アクセス
のほとんどがロボットや攻撃だった、なんてことにもなりかねません。

その他のアクセス数に関する勘違いとしては、サイト全体のアクセス数なのか、
トップページや特定フォルダだけのアクセス数なのか・・・などもあります。
また、今お伝えしているアクセス数と同様の意味合いで、ページビュー数(PV
数)と言うことも多いです。また、見られたページの数ではなく、お店で言え
ば来店客数といった意味合いで、ユニークユーザー数、ユニークIP数、訪問者
数などもあります。例えば、アクセス数100件、訪問者数50件の場合は、1訪問
者あたり2ページ閲覧しているということになります。

つまり「○○数」といった会話をする時には、「何」が「どこ」にアクセスし
ている数字なのか、その範囲は、集計方法は、といったことを確認する必要が
あるということです。正確に時を刻めるストップウォッチと違い、アクセス数
は様々になってしまいがちです。どこをどう集計するかによって数値が大きく
変わってしまうため、おかしな話ですがアクセス解析ツールであっても集計結
果がまちまちになってしまうというのも現実です。そんな理解をしながら、ア
クセス解析ツールとつきあっていくと良いでしょう。

ここからは宣伝になりますが、「人」が「ホームページ」にアクセスしてくれ
た数の集計・分析、「広告」経由できた「人」の集計・分析、「検索キーワー
ド」別の集計・分析などにオススメなのが、イーナチュラルのアクセス解析ASP
「いちにのアクセス解析( http://www.12no3.com/access/ )」です。
Webマーケティングの第一歩として、是非ご利用下さい。

2007.03.28


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。