ブログ

[Webマーケティング羅針盤]

アクセスログを解析せよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2002.04.10

誰がどこからやって来ているのか ~宝の山を見逃していませんか?

この連載では、すでにホームページを持っている企業を対象に、

・ホームページの商品が売れない
・思ったように問い合わせが増えない
・メールマガジンの読者が増えない

などの問題を改善する方法をアドバイスしていきたいと思います。12回を予定
していますので、半年という少し長めの連載となりますが、お付き合いのほど
よろしくお願いいたします。

まず最初に挙げた問題ですが、これらは、つまるところはそもそものアクセス
数が少ないということに大きな原因があるといえます。アクセス数が少ないと
いうことは、つまり現実世界に置き換えれば、お店に足を運んでくれる人が少
ないということです。では、どのように来訪者を増やすのか?インターネット
といっても、お店の運営は基本的には現実世界と同じです。あなたならどうし
ますか?

「目立つところに広告を出す」と考える方が多いのではないでしょうか。私も
もっともだと思います。しかし、広告を出稿する前に考えなくてはならないこ
とがあります。

・誰に向けて広告を出すのか
・どこに広告を出すべきなのか

こういったことを判断する基準となるのが、アクセスログつまり来訪者の記録
なのです。当然のことですが、ただ闇雲に広告を出すのはコストの面からも控
えるべきです。これまでの経験から「多分ここに出せば大丈夫だろう」という
勘が働くこともあると思いますが、はやる気持ちを抑えて、冷静にホームペー
ジの現状を記録した「アクセスログ」を分析しましょう。

アクセスログを見ると、

・時間帯や曜日による訪問者数
・どのパソコン(OS・ブラウザのバージョンなど)で閲覧しているか
・どのページが多く見られているか
・どのホームページからリンクしてきたか
・検索エンジンからどのようなキーワードで検索してきたか
・どのような順番でホームページを閲覧しているか

などのことが分かります。ざっとこれだけのことでも、

・いつホームページを更新すべか(閲覧数が多くなる前に更新しておく)
・ターゲットとなるパソコンで見やすいような工夫をする
(ブラウザのバージョンによっては見にくいこともある)
・よく見られるページを分析し、良い部分は他に活かす。また、そのページか
ら簡単に問い合わせをできるようにするなどの強化を図る
・どのような人たちからどのようなキーワードで閲覧されているかを分析し、
それをホームページに活かす

などのことができるようになります。このようにアクセスログを分析すること
で、ホームページを改善し、さらに広告を出す場合にもより高い効果を期待で
きる可能性が高くなるのです。

どのような人がお店にきているのか、どのような時間帯にくる人が多いのか、
どのような商品を手に取ることが多いのか、どこで噂を聞いてきているのか、
これらの情報を知ることは、ホームページを運営していく上で基礎の基礎とな
るのことがお分かり頂いたのではないかと思います。

2002.04.10


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。