ブログ

[ニュースから読み解くWebマーケティング]

gooがGoogleが採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2003.10.08

国産検索エンジンの最後の砦だったgooが、ついに12月よりGoogleを採用するよ
うです。これでYahoo!、Excite、infoseekを始めとした、大手ポータルサイト
の裏側で動く検索エンジンのほとんどがGoogleとなります。唯一の例外は独自
エンジンに開発に余念がないMSNです。

元々、検索エンジン最適化といえばGoogle対策というニュアンスが強かったの
ですが、今回の提携でそれがより鮮明になったとも言えるでしょう。

ただ、気を付けなくてはいけないのは、一社独占に対する依存です。しばらく
Googleの優位性は保たれるでしょうが、現実的にYahoo!は海外でInktomiのテス
トをしていますし、Yahoo! JapanがGoogle以外の検索エンジンをテスト・採用
する可能性も十分にあると言えます。

人(訪問者)の流れを大きく変えてしまうほど、検索エンジンの持つ力は強大
です。ビジネスを大きく左右されかねないことも考えると、常にこの分野の動
静に注目しておく必要はありそうです。

・NTT-XとGoogleが戦略提携 - Google検索機能にgooの日本語技術を投入
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/10/02/11.html

・国産検索エンジン「goo」、Google の検索機能を採用
http://japan.internet.com/busnews/20031002/3.html

・Googleデータベースをgooの日本語技術で検索可能に
http://www.zdnet.co.jp/news/0310/02/njbt_03.html

・「goo」gleで日本最強のWeb検索サービスを目指す
http://www.zdnet.co.jp/news/0310/02/nj00_googoo.html

・「goo」が検索エンジンに「Google」採用へ,独自の日本語処理を盛り込む
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/NEWS/20031002/135252/

ニュースを見ると、gooがそのままGoogleの検索機能を採用するのではなく、
Googleのデータベースを土台にしつつ、goo独自の技術が実装されていくようで
す。例えば、日本語特有の表記のゆれ(「ウィスキー」と「ウィスキィ」など)
を吸収する自動補正機能などが実装されるそうです。

Googleとしては、gooからNTT研究所の日本語処理に関する技術提供を受け
Googleの検索機能の充実を図るということで、ここに「戦略提携」を見ること
ができます。

当面、この新技術はgooのみで提供されるということで、ひょっとすると日本語
に関してはGoogleよりも良い検索結果を表示する可能性があると思われます。
gooとしては、そうした優位性をどのようにアピールしていくか、ということに
なりそうです。

2003.10.08


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。