ブログ

[コレが気になる!]

米国のIE6シェアが1%以下に。実際のところは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2012.02.08

先日、2011年12月のアメリカのウェブブラウザシェアにおいて、
Internet Explorer 6のシェアが1%を切ったと報じられました。

米国のIE6シェアが1%以下に、日本は5.9% | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/01/06/045/

サイト表示の仕様が他のブラウザと著しく異なるため、
制作時の対応に手間がかかり、悩みの種となっているIE6。
最近はIE6対応を別料金としているウェブ制作会社も増えています。

Microsoft社自身が終了カウントダウンサイトを立ち上げるほど
最新版へのアップデートが推奨されているのですが、
企業によってはシステム上の問題で容易にアップデートできない
ケースもあるようで、なかなかいなくなってくれません。

Internet Explorer 6 Countdown | Death to IE 6 | IE6 Countdown
http://www.ie6countdown.com/

さて、日本は5.9%とのことですが、実際のところはどうなのか、
弊社の管理しているサイトから10サイトをピックアップし、
アクセス解析結果からブラウザシェアを調べてみました。

すると、IE6でのアクセスは10.4%、未だ約1割を占めていました。
あくまで弊社の結果ですので偏りがある可能性はありますが、
発表された数値と実際とは少し乖離があるようですね。

セキュリティ上のリスクも他ブラウザに比べ高いため、
一刻も早いアップデートを、弊社からもお勧めしておきます。

2012.02.08


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。