ブログ

[コレが気になる!]

印刷用640ピクセル制約からの解放

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2004.02.11

ホームページを企画する際、利用者がどのような状況でそのページを見るのか
ということを想定して企画することが多いと思いますが、その中に必ず入って
くるのが印刷です。色々と比較して最終的には印刷して見るという利用のされ
方が意外と多いので、やはり印刷も考慮しなければならなくなります。その結
果、ページの横幅は640ドットということでデザイン仕様が確定します。そして
この640という幅にメニューとコンテンツが入ることになります。

今までは印刷することを考慮して、このことは仕方がないことと考えてきまし
た。ところが最近は検索エンジン対策などが盛んになり、メニューの文字もテ
キストを使い、しかも省略しないで長い文字列が使われることが多くなってき
ました。その結果コンテンツの幅はますます狭くなり、画面で読む上で何度も
スクロールしなければならない様なページになってしまいました。

この問題は印刷用のページを作ることにより解決できます。印刷する際はナビ
ゲーション用のメニューや不要なデザインは削除してしまいます。つまりコン
テンツの幅を640ドットで設計することが可能になるのです。メニューの分だけ
余分に使えますね。

さて実現方法です。いちいち同じページを作るのは現実的ではありません。ペー
ジを作る際に「ここからここがコンテンツ」というマークをHTMLのコメントで
入れておきます。印刷のリンクがクリックされた際は、CGIやPHPなどのプログ
ラムに該当ページのURLを自動的に渡します。プログラムでは渡されたURLを元
にそのファイルを開き、コンテンツと指定された部分だけ呼び出して印刷用の
テンプレートに当てはめて表示します。あとはブラウザの印刷機能で行う印刷
をするだけです。

これで640の制約から解放です。プログラムはそれほど複雑ではありません。大
規模サイトを企画される方。印刷の為にレイアウトに制限されていませんか?
最近のディスプレイの画面は大きいですよ。

2004.02.11


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。