ブログ

[コレが気になる!]

ページ移転に4つの手法

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2003.06.11

Googleの更新でページランクが急になくなったサイトがいくつかありますが、
どうやら特定ドメインにアクセスしているのに、違うページへ自動的に移動す
る仕組みを入れているところが対象となった様です。

ドメインが変わった際やHTMLファイルの名前を変更した際、「このページは移
動しました。5秒後に移動します。」のようなメッセージを表示して移動する
ことはよくありますが、実はページの自動移動には大きく分けて4つの種類が
あります。

1.Webサーバーの設定による移動
2.CGIやPHPによるヘッダ出力による移動
3.HTMLのヘッダ情報による移動
4.HTML内のJavaScriptによる移動

1 自社サーバーのサーバー管理者でないとできませんのであまり使われません。
あるドメインに接続すると移動するリダイレクトという機能です。

2 ホームページを閲覧するための通信プロトコルhttpのメソッドのHEADと呼ば
れる情報が入る場所に転送先とアドレスが入ったものです。
下記がそれにあたります。
http://www.12no3.com/test2.php

広告代理店が効果測定をする際、直接リンクを張らずにアクセス状況などを
把握しながらリンクさせる場合や、アフィリエイトプログラムのリンクで使
われることが多いです。

3 HTMLファイルの<head>の後に
<meta http-equiv="refresh" content="10;URL=http://www.12no3.com/">
を入れます。
これで10秒後にhttp://www.12no3.com/に移動します。

4 JavaScriptによる移動はHTMLの中に下記の様に記述します。
<script language="javascript">
<!--
window.location.replace("http://www.12no3.com/");
//-->
</script>


移動の目的やシステム環境などによりどの方法を採用するかはおのおの違いま
すが、今回ページランクがなくなったのは同一ドメイン内で1か2を使ってい
るパターンだったのではと思います。決してスパム行為ではないにもかかわら
ずいきなりページランクが0になっているところもありましたので、ページの
自動移動には注意が必要そうですね。

2003.06.11


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。