ブログ

[IT活用↑天国と↓地獄]

エクセル、アクセス、パール↑

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2001.06.13

情報を整理する際、みなさんはどのようなソフトをお使いになりますか?

やはりエクセルなどの表計算ソフトが多いのではないでしょうか。項目別にに
並べて数値を入力したり、情報を抽出したり、並び替えたりするにはもってこ
いのソフトですね。しかしそれ以上のこと、例えばマッチング(あるシートの
セルと別のシートのセルの共通項目があった場合データを合わせる)や複数の
ファイルから特定文字を含む行を取り出しその中の数字だけを取り出すなど複
雑な処理が必要になってくると別のソフトで行う必要があります。前者のマッ
チングはマイクロソフト製品ですとアクセスで可能です。後者の様な複雑な処
理になってきますとPerl(パールと呼ばれるスクリプト言語)が得意とします。
どちらも最初はわかりにくくてどのように使ったらいいか分からないソフトで
すが、特定分野の仕事をこなすツールと見なすと以外と使えるものです。

実際にイーナチュラルではアクセスをほとんどマッチングルーツ以外に利用し
ておりません。例をあげますと、とあるお店のキャンペーンプロモーションに
際して、Eメールで告知をしてホームページから予約をしてもらうというフロー
がありました。出来上がるデータは送付先一覧、ページ閲覧ログ、予約者リス
トです。この3つをまとめてメール送付者別動向リストを作るときにアクセス
のマッチングを使うと大した手間もなく正確なリストが出来上がります。

当然数が少なければ目でログと予約者リストを見て送付先一覧にチェックをす
ることでもいいのですが、数が多くなった場合はマッチング処理は機械に任せ
た方が確実になるのです。さらにパールではそれを自動的にWebサーバーで行
い途中結果を含めホームページで見せることもできるようになります。

みなさんも今行っている手作業からもしかしたらアクセスやパールで解放され
るかもしれません。検討してみてはいかがでしょうか。

2001.06.13


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。