ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

予想外のアクセス減少、だけど納得の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2021.10.13

弊社でサイトリニューアルを手がけた、
とある設備会社のサイトで実際に起こった出来事です。

リニューアル後、ブログや施工事例の記事をコンスタントにアップ
いたこともあって、アクセス数も順調に増えていました。

ところがリニューアルして半年ほど経ったところで、
アクセス数が上げ止まり、翌月からは減少傾向となりました。

特にサイトに大きな変化を加えたことはありませんし、
更新している記事の内容にも問題があるとも思えません。
また、有力な競合他社サイトの出現といった要因も
どうやら無さそうな雰囲気です。

検索エンジンのアルゴリズム変更の影響を受けた?と考えましたが、
その時期に大きな影響があるアルゴリズム変更のニュースも耳に
していませんし、他のお客様のアクセス動向を見るにつけ、
そんなことはなさそうです。

さて長く引っ張りましたが、アクセス減少の原因は程なくして
判明しました。原因は協力会社募集ページのアクセス減少でした。

単純な理由ではあるのですが、
その減った理由がちょっと面白かったです。

工事を一緒に手伝ってくれる会社を募るのがページの目的ですが、
ページ開設後の半年で結構な数の会社が集まったので、
募集を休止することになりました。

その際の対応はページを削除するのではなく、
ページの内容はそのままでページの冒頭に募集休止の一文を加える
というものでした。

上記のような対応をしてから1ヶ月ほど経過してから、
協力会社募集ページへのアクセス数が1/10以下に激減していました。

なぜなら、それまで検索結果の上位に表示されていた協力会社募集
ページがほぼ表示されなくなっていたからです。

募集を休止しているページを検索上位に表示したところで
協力会社に応募したい会社にとっては何のメリットもないので、
納得の検索結果と言えます。

ページを削除すればその分のアクセスが減るのは当たり前ですが、
ページの内容が変わることでアクセス数にあからさまに変化が
現れるのを目の当たりにする機会はあまり無いので、
これはなかなか貴重な経験でした。

そして、検索エンジンはページ内容を理解して検索結果を
表示していることを改めて実感したエピソードでした。

2021.10.13


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。