ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

Webマーケティング、最適化のジレンマ

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2021.05.26

自社のWebマーケティング担当者になった場合、
うまくいくであろうWebマーケティング手法を
徹底的に調べることと思います。

Web・SNS・書籍・セミナー・Youtubeなど、
様々な情報源から、実にバラエティー豊かな
Webマーケティングのアイデアが出てきそうです。

・SEOを活用すべき
・Youtube/動画を活用すべき
・インスタ/Twitterを活用すべき
・コンテンツを作り込むべき
・やはり広告だ
・きちんとアクセス解析をしたい
・ランディングページを作成したい
・UXを改善したい
・SFA/CRMと連携したい
・MAを活用したい

その他まだまだ色々出てきそうですが、
これらのアイデア、ところで「効果はあるでしょうか?」

色々な可能性が考えられますが、
効果有無でいえば私の答えは「効果はあります」です。
それぞれ、やればやったなりの効果が期待されます。

ところが「投資に見合った効果はありますか?」や
「A施策とB施策、どちらが効果的ですか?」など、
有無でなく優劣を問うような質問になってくると、
答える難易度が劇的にあがります。

そもそも答えがわかる人が一気に少なくなりますし、
場合によっては実施したところで、
正解だったかすらわからない、ということもありえます。


さて、Webマーケティング手法のいくつかでは、
「◯◯最適化」という表現があります。

SEO=検索エンジン最適化
LPO=ランディングページ最適化など、
各所で使われる「最適化」という言葉ですが、
もともとは、最終的な成果を「最適化」
という意味合いだったはず。

ところが、前述のような施策アイデアを出す段階では
「部分最適」的なことが多く、
企業としての成果は「全体最適」が求められます。

なんとももどかしい状況ではありますが、
そのもどかしさをクリアしつつ成果を積み上げるのが
Webマーケティングの醍醐味でもあります。

会社によって成果の軸は様々と思いますが、
自社の現状、競合他社との相対的な力関係を正しく理解し、
最終成果を最適化できるように、十分にご留意下さい。

2021.05.26


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。