ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

モバイルサイトでひと騒動

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2020.11.11

「モバイルサイトのないサイト=スマホ対応していない」が、
Googleの検索結果で表示されなくなる。

そんな記事を最初にみたときは、驚きました。
ありえないと思いました。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1283657.html


と煽っておいてなんですが、リンク先の記事をご覧いただければ
分かりますが、記事初出時のタイトルが間違っていたという
人騒がせな話でした。

誤:モバイルサイトのないサイト
正:モバイル環境で表示できないサイト

ここからは、私が「ありえない」と考えた説明です。

検索エンジンの役割は、検索キーワードの意図に最も沿った検索
結果をユーザーに提供することです。まずは良質なコンテンツが
ありきです。

従って「モバイルサイトがない」だけで、
検索結果に表示されなくなるのは道理的に考えにくいはず、と
初見時から考えていましたが、案の定でした。

モバイルサイト(スマホ対応)は必要か否かは、
今でもよく聞かれます。結論から言えば、今から新規サイトを
作成するのであれば、マストに近いと思います。

AサイトとBサイトがあり、同等レベルのコンテンツを
提供しているとします。このとき、Aサイトはスマホ対応していた
場合、スマホからの検索に関してAサイトが有利になる確率が
高いです。

なぜなら、スマホから閲覧しやすいという点において、
AサイトはBサイトよりも「良質なコンテンツ」と言えるからです。

ただ、スマホ対応していない全てのサイトについて、
スマホ対応が最優先事項かと言うと、個人的にはそうとも
言い切れないと思います。

例えば、アクセス解析でスマホからのアクセスが少ないサイトで
あれば、スマホ対応よりもコンテンツ整備に投資した方が、
長期的な観点から正解になる場合もありうると思います。

一方で、スマホからのアクセスが少ないのでは、スマホ対応して
いないからじゃないの?という仮定も可能なので、考え出すと
キリが無いです(笑)

結局のところ、やれることは全部やるという話になって、
限られた資源をうまく分配して、優先順位をつけて対応して
いくしか、進む道はないんですよね。

2020.11.11


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。