ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

アクセス数とコンバージョン数の相関関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2020.02.12

ホームページを作成したからには、多くの人にサイトに訪れて
欲しいと、誰しもが考えると思います。その先に目先の指標として
アクセス数(ページビュー/PV)が気になるところだと思います。

ただし、PVは必ずしもお問い合わせ数(コンバージョン/CV)と
正の相関関係になるとは限りません。

弊社の最近の事例で、PVは減ったけどCV数は増えた例がいくつか
ありましたので、この場を借りてご紹介したいと思います。

-----

■事例1:とある不動産サイトの例

スマホ対応を主目的としてサイトリニューアルを行ったところ、
リニューアル前と比較してPVは約半分ほどに激減したものの、
CV数は約1.2倍となった事例がありました。

この時、検索エンジンなどの外部からの集客は約1.1倍となって
いて、特に来訪者が減っている様子は見られませんでした。

推測になりますが、リニューアル時にサイト導線を見直して、
物件検索ページへの誘導を強化したことで、効率良く物件を
見つけられるようになり、結果的にPVが減少したと考えています。

-----

■事例2:とあるBtoCサイトの例

広告などで集客は確保出来ているものの、
それが顧客獲得に繋がっていなかったサイトを、利用者目線で
改めてブラッシュアップしました。

サイトデザインには基本的に手を付けず、コンテンツの見直しや
ページ内容に合わせた細かな誘導先のチューニングなど、
細かすぎて伝わらないような改善を多数施しました。

同時に、成果に繋がっているか根拠に乏しかったいくつかの広告を、
思い切ってやめてみました。

すると、PVは前年と比較して4割ほど減りました。その一方で、
CVは約1.5倍と大幅な改善を達成することが出来ました。

広告は集客には機能していたものの、CVにはあまり関係なさそうな
ことが、結果的に浮き彫りになりました。

-----

上記の2例、多少のアレンジは加えていますが、
いずれも実際にあった事例です。

PVが半分・4割減と聞くと背筋の凍る思いがするWebマスターも
いらっしゃると思いますが、実際の成果では両事例ともホクホクな
結果となりました。

確率論から言えば、PVは多いに越したことがないと思います。
PVを集める施策を否定するつもりはありませんし、
PVが集まることで見えてくるサイト改善にヒントはあるのも
事実です。

一方で、今回ご紹介した事例にようにPVとCVが正の相関関係に
なるとは限らないのも、また事実です。

2020.02.12


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。