ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

Webサーバー環境の見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2019.03.13

随分前にWebサーバーの契約(共用サーバーなど)をして、
今に至るまでそのまま利用している方は少なくないと思います。

あまりにも古いサービスは新しいプログラム(CMS等)の
動作環境を満たさないといった理由にリプレイスされていると
思いますが、2010年前後のサービスだとそこそこ整っているので、
そのまま利用されているケースも多いと思います。

が、ホームページ自体には直接的な関係の無いところで、
古いサービスゆえの不便さを感じることがありました。

例えば、最近ではWeb表示の高速化が求められ、
画像やHTML関連ファイルなどの軽量化が求められています。

その一環でサーバー側での各種ファイルのキャッシュや圧縮転送が
必要になってくるケースがあるのですが、私の観測範囲では
古いサーバーではこれらの設定が出来ないケースが多いです。

また最近になって、GoogleのSearch Consoleにドメイン確認方法に
DNSのTXTレコードでの所有権確認が追加になりました。
これによってhttp or https/www有り無し/各種サブドメインが
まとめて登録出来るようになり、管理側として利便性が高いです。

が、前述の通りDNSの設定変更が必要になります。

最近のサービスであれば管理画面からDNS設定が出来るものが
ありますが、昔の共有サーバーだとこの辺りの設定が出来るものは
少ないのではないでしょうか。

ということで、ホームページの表示には何ら支障はありませんが、
全体としての最適化を進めていこうとしたときに、
サービスが古いゆえに先に進めないという問題が今後も
出てきそうな感じがあります。

2019.03.13


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。