ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

構造化はとっても重要!

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2019.02.27

前号のメルマガは「Google しごと検索は構造化データを活用」
といったコラムでした。

まったく別の経路で、やっぱり「構造化はとっても重要!」
と考え至ったことを書きます。


向かった先は、美術館です。すみだ北斎美術館という、
墨田区にある「葛飾北斎」専門の美術館へ行きました。

すみだ北斎美術館
http://hokusai-museum.jp/

美術に詳しいわけでは全くないのですが、
最近、やけに美術館や博物館的なところに行きたくなり、
実際に行っています。

さて北斎といえば「富嶽三十六景」が有名で、
美術素人なので、富士山、海、波などが思い浮かびます。

なのですが、現在の企画展は
「北斎アニマルズ」という動物をモチーフにした
絵画の企画展で、北斎が描いたたくさんの動物が
展示されていました。

そこで発見したのが、
「北斎は、定規とコンパスで絵を描いていた」ということです。

この絵の描き方について、指南書まで発表されていたようですね。

美術に詳しい方にとってはあたり前の話なのかもしれませんが、
天才の筆さばきのようなものを勝手に想像していたので、
だいぶ驚きました。

迫力や躍動感のある構図は、
構造的に理論的に説明できる構図だったのです。


考えて見れば、映画や小説でも話の構造がしっかりしていると
面白いですし、伝わりやすくなります。

もちろん、ホームページだって、
サイトそのものがデジタルな構造物であり、
人の行動を促すコンテンツも構造が重要でしょうし、
HTMLだって構造物そのものです。


構造的に理解しやすいものは、
人間も検索エンジンも、理解しやすい。

構造的に理解しにくいものは、
人間も検索エンジンも、理解しにくい。


ですよね。

以上、構造化はとっても重要! という話でした。

2019.02.27


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。