ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

Google しごと検索は構造化データを活用

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2019.02.13

海外ではすでに導入済みでしたが、
Googleが検索結果での求人情報検索サービスをスタートしました。
Googleしごと検索、だそうです。


Googleが求人情報検索サービスを日本でも公開 | TechCrunch Japan
https://jp.techcrunch.com/2019/01/23/google-for-jobs-in-japan/


サービス概要は上記記事を参照いただくとして、
ポイントはこれが「構造化データ」を利用したサービスであると
いう点です。

構造化データを説明し始めると話が長くなってしまいますので、
下記辺りをご覧いただければと思います。


構造化データの仕組みについて | 検索 | Google Developers
https://developers.google.com/search/docs/guides/intro-structured-data?hl=ja


かいつまんで言えば、ブラウザを通じて人間が見る情報とは別に、
ページ内の情報を検索エンジンが理解するために、
その情報をまとめたデータ群(とその書式)が構造化データだと
理解すれば、だいたい合っていると思います。

さて前述のGoogleしごと検索は、構造化データを利用しています。
従って、自社サイトの求人ページに構造化データを記述しておけば、
自社の情報がGoogle しごと検索に掲載されるはずです。

求人情報はサイトに掲載しても、サイトを訪れた人だけ、
つまり自社指名の求人層だけにしかリーチすることが出来ず、
ゆえに、求人ポータルサイトにも情報を掲載して、
広い層にアプローチ出来るようにプロモーション活動をしている
はずです。

Google しごと検索は、このプロモーションを無料で提供する形に
なり、求人する企業にとってはありがたい話で、求人ポータルに
とってはライバル出現という話になります。

今回は求人情報でしたが、例えばECや不動産情報など
情報点数が多岐に亘る商材・サービスであれば水平展開出来そう
なのは、容易に想像出来ます。

このあたりGoogleがなんでもかんでもやってしまうと、
それはそれで「独占」の批判が高まることも考えられるので、
様子を見ながら、という感じかなと思います。

ただ、Googleがこういった形で構造化データを活用していくことは
今後も間違いなさそうなので、SEOの新たな取り組みとして
構造化データは取り組んでおいて損はないと思います。

やることがどんどん増えて、Webマスターは大変です。
切磋琢磨してまいりましょう。

2019.02.13


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。