ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

単なるデータを価値ある情報にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2015.10.28

先日より、Googleでレストラン名などで検索すると、
検索結果の右上に「訪問数の多い時間帯」という
グラフが掲載されるようになりました。

何曜日の、どの時間帯が混雑していそうかが
一目瞭然です。 ↓例

お昼時は大行列の「金子半之助」 - Google 検索
http://bit.ly/1O6Bf0h

まだまだ賑わっている「東京スカイツリー」 - Google 検索
http://bit.ly/1O6Bh8j

「訪問数の多い時間帯」の右にある【?】を見てみると
「この場所への訪問履歴に基づいています。」と記載があります。

スマホ片手にたどり着いた履歴をまとめてくれたのですね。
一つ一つのデータは「誰かがどこかに行った」だけに過ぎません。

でもそれをうまくまとめると、混雑具合が見え、
検索エンジン利用者へのサービスにつながります。

「訪問数の多い時間帯」はGoogleだからできる話ですが、
企業サイト運営で得られる情報をうまくまとめて、
行動に移すことは我々にもできます。

特に、コンバージョン(以下CV)した人の
行動データから得られる知見は大きな財産となります。

※CVした人は、○○という検索キーワードで来訪している。

○○関連のコンテンツを強化しよう!
○○でリスティング広告を出稿しよう!

※CVした人は、△△市ばかりだ。

△△市の人限定のキャンペーンをしよう!
△△市で折り込みチラシをやってみよう!

※CVした人の共通点は、□□だった。
※CVした人が、「◎◎」って言ってた。
などなど

ビッグデータ、ソーシャルリスニングなども耳にしますが、
意外に目の前にお宝データがあったりするものです。

顧客の行動履歴や声といったデータを拾い上げ、
サッと行動に移すと良いことがありそうです。

2015.10.28


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。