ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

被ることを恐れるべからず

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2014.08.13

「え、それは別のページに書いてあるからいいんじゃないですか?」

お客様とサイト内のコンテンツ作りをしていると、
時々言われる言葉です。

○○という情報はAページに載っているんだから、
わざわざBページにも掲載する必要はないのでは?という
素朴な疑問です。

確かに、言わんとしているところは分かります。
無駄っぽいし、閲覧者にも不親切っぽいです。

でも、あえて載せましょうとご提案することがあります。
というのも、Webサイトは思ったよりも、断片的に・つまみぐい的に
読まれているメディアだからです。

制作者側からすると、このコンテンツをこの順番で読まれることを
ある程度想定して制作するかと思いますが、
実際にサイトを閲覧している様子を後ろから見ていると、
予想以上にあっちへフラフラ、こっちへフラフラというケースも
多いです。

そのような閲覧のされ方によって、
結果的に重要なメッセージを伝えそこねてしまうケースも
あり得るので、顧客に最も伝えたい情報はサイト内で
ある程度被ってもかまわないと、私は考えています。

もちろん、なんでもかんでもだぶって載せることが有効とは
言いません。その辺りは、お客様目線で見極めるセンスが
問われるところで、一番難しいところと言えそうです。

2014.08.13


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。