ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

Webマーケティングの最適化色々

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2013.10.10

検索エンジン最適化を筆頭に、Webマーケティングの現場では
「最適化」という言葉をよく耳にします。

SEO(検索エンジン最適化)
LPO(ランディングページ最適化)
EFO(エントリーフォーム最適化)
SMO(ソーシャルメディア最適化)

など、なんとかかんとかオプティマイゼーションというあれです。

最適化について、Wikipediaにはこう記されていました。
> 関数・プログラム・製造物などを最適な状態に近づけることをいう。

ひらたく言えば「うまいことやって、良い感じにする」ですね。

さて、SEO、LPO、EFO、SMO、それぞれ個別に考えてみると、
最適な状態になるのであれば、
どれもきちんと取り組んだ方が良さそうです。

ところが、Webマーケティングの現場では、
人員にもお金にも限りがあるため、
全てを最適化するのは意外に困難です。

加えて、企業、顧客、サイトの状況によっても
何に取り組めば投資対効果が高くなるのかが変わるため、
ますます複雑です。

どの手段を選択すれば本当の最適化になるかどうかは、
いわゆるケースバイケースとなってしまいますので、
「よく考えましょう!」

としか言いようが無いのですが、一つだけアドバイスをすると、
「顧客がいるのに、上手くいっていないところ」
ここを最適化するのをオススメします。

最適化した時のリターンが大きく見込めるからです。

・検索エンジンに顧客がいるのに集客ができていない → SEO
・SEOや広告で集客をしているのに成果が出ない → LPO
・送信フォームに人がいるのにコンバージョンしない → EFO
・ソーシャルに顧客がいるのにコンタクトできない → SMO

などです。

顧客がいないところを一生懸命に最適化しても、
期待するような成果は獲得できませんから、

「どこに顧客はいるのか?」

そんな視点で、最適化をしていきましょう。

2013.10.10


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。