ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

伝え方次第で、伝わり方が違う

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2010.02.10

不思議なもので、同じ情報でも伝え方次第で伝わり方が違う、とい
うことがあります。通常の会話でもそうですが、大きな声が聞こえ
れば重要なんだ緊急なんだと察しがつきますし、ビジネス会話では
だらだらと話すよりもまずは要点を言う、といったことが相手に伝
えるスキルとしてあげられます。

WEBの世界でも同じようで、弊社が行ってきたLPO(ランディングペー
ジオプティマイゼーション)やサイトリニューアルでも、もともと
のコンテンツは同じなのにビフォアアフターでコンバージョン率が
2.1倍、資料請求数が1.3倍といったような成果が出ています。

もともとの情報は一緒のため、見せ方を変える、順序を変える、強
弱を変えるといったことで、伝わり方が変わります。やはり、WEBで
も伝え方次第で、伝わり方が違うんです。

今や、SEOするのはあたり前です。検索結果に出てこなければ集客で
きませんし、Yahoo!リスティング広告やGoogleアドワーズ広告を活
用すれば、さらに検索エンジンからの集客を増加することができま
す。

しかし、せっかく集客してきた人に、うまく情報を伝えられないで
みすみす逃してしまうホームページが多い、というのもまた事実で
す。是非、自社のホームページが相手にうまく伝えられているか、
あらためて検証してみてください。

集客はできているのに成果が出ないというのは、成約率の悪い営業
マンが訪問件数を増加させてもなかなか成果が出ていない、という
のと似た状況かもしれません。そんな時は、自社のできる営業マン
の営業トークや提案資料をチェックしてみましょう。きっと、うま
い伝え方ができているはずです。

集客できても、伝わらなくては・・・ですよね。

2010.02.10


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。