ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

コンテンツこそ命

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2010.01.27

SEOという単語自体は、数年前に比べれば格段に認知度があがりま
した。Webマスターの方はもとより、中小企業経営者の口からSEOと
いう言葉を聞くことも珍しくなくなってきました。

一方で、SEOが正しく理解されているかというと、残念ながらまだ
まだ誤解が多いのも事実です。最も多い誤解は、「何か特別なやり
方をすれば、検索エンジンで上位に表示できる」というものです。

検索エンジンを利用する立場に立って考えてみてください。

あなたが検索エンジンで何かを検索して、その検索結果が役に立た
なければ、あなたはその検索エンジンを使わなくてなってしまうか
もしれません。

ところで、検索エンジンのビジネスモデルはテレビ・ラジオなどと
同様に、企業からの広告出稿にその収益の多くを依存しています。
企業が検索エンジンに広告を出稿するのは、そこに多くの利用者が
いるからです。

つまり、検索エンジンにとっては検索結果は「番組」のようなもの
であり、面白い番組=良質な検索結果を、各社しのぎを削って追求
しています。しかし、何か特別なやり方で検索結果が操作できると
したら、検索結果の品質が悪くなってしまう可能性があります。そ
のような事態は、検索エンジンにとって自らの存続の危機につなが
りかねないので、非常に神経質に対応しています。

では、検索エンジンの上位に表示されるには、どうしたらいいので
しょうか。それはたったひとつ、自社の顧客にとって良質なコンテ
ンツを提供しつづけることです。

「なんだ、そんなこと?」と思われるかもしれませんが、良質なコ
ンテンツと一言で言っても、それを自社のホームページ内に揃えよ
うとするともの凄い労力が必要とされることに気がつくはずです。

・そもそも顧客が求める情報はなんだろう
・どのような文章を用意すれば、顧客に伝わるだろうか
・読む気にさせるには、文字だけでなく図や絵も必要か

etc...

検索エンジンも年々優秀になり、ちょっと前まで通用したSEO的な
テクニックや、内部リンクを最適化した程度では目に見える成果が
あげにくくなっています。

いずれにせよ、検索エンジンがサイトを評価する際の基準として、
コンテンツの「質」がその重要度を増していくのは明らかなはずで
す。

自社の顧客を思い描きながらホームページを作り上げていく、そん
な当たり前のことを当たり前に出来るようになることが、たったひ
とつの冴えたやり方のはずです。

2010.01.27


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。