ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

どこにも書いてなくてもあたり前の動き

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2009.11.11

日頃生活をしている上で、特に説明書きが無くてもあたり前になっ
ている動きというのがあります。例えば、こんなことです。

・水道の蛇口をひねると、水が出てくる
・玄関前のボタンを押すと、チャイムが鳴る
・ドライバーを廻すと、ネジが締まる

何の変哲もないあたり前のことですが、あたり前の動きにならなかっ
たらどうでしょう。

・水道の蛇口をひねったら、チャイムが鳴る
・玄関前のボタンを押しても、何もおこらない
・ドライバーを廻したら、トイレの水が流れる

なんだか変な話になりますね。そんなことが実際にあったらテレビ
番組にでも投稿したくなります。

さて、ホームページの操作でもあたり前の動きというのがあります。

・Aはこちらと書いてあるリンクをクリックすると、Aページに行く
・左上のロゴマークをクリックすると、トップページに戻る
・ブラウザの戻るボタンをクリックすると、前のページに戻る
・送信ボタンをクリックすると、入力した内容を送信
・送信フォームでTABキーを押すと、次の項目にカーソルが移動

これらが先ほどの例のようにうまく動作しなかったり、変な動きを
してしまったらどうでしょうか。ユーザーがあたり前と思っている
動きをしなければ、ユーザーが困ったり、驚いたり、イライラした
りと、運営者にとって良いことはありません。

無数にあるホームページの中からせっかく訪れてくれたのですから、
気持ちよく閲覧してもらいたいですね。ユーザビリティというとカ
タカナ英語で大げさになるかもしれませんが、いわゆる基本の動き
を考慮したホームページを運営したいものです。

2009.11.11


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。