ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

「おくりびと」に学ぶマーケティング術

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2009.03.11

2009年2月23日、滝田洋二郎監督の映画「おくりびと」がアカデミー
賞外国語映画賞を受賞しました。

興味深いのは「おくりびと」が莫大な制作費と宣伝費をかけて作ら
れた、いわゆる大作ではない、ということです。

たくさんのエキストラを使い、最先端のCGを駆使し、実際の建物を
爆破して作られたような超大作映画が増える中、一見地味にも見え
る「おくりびと」が評価されたことは快挙と言えます。

さて、そのマーケティング上の成功要因は何だったのでしょう。

それは「積極的に第三者評価を受けたこと」ではないでしょうか。

「おくりびと」はアカデミー賞以外にも数々の賞レースで優秀な成
績をおさめています。

第32回モントリオール世界映画祭グランプリなど国内外合わせて実
に61冠(2009年2月末時点)。昨年9月の公開時点でもすでにいくつ
かの賞を受けており、これをピンポイントでアピールすることによ
り莫大な宣伝費をかけることなく効果的に評判を高めました。

またその一方で、公開に先駆けて7月から全国各地で試写会を繰り
返し、一般の口コミも促進しました。

こういった両方のアプローチでじわじわと評価を高め、それをアピ
ールすることでさらに評価を高める、という好循環を生み出したこ
とが肝だったのではないでしょうか。

我々がWebマーケティングでこれを活かすとすれば、たとえばメディ
ア掲載情報をアピールしたり、顧客事例、お客様の声などを掲載し
たりすることで信頼感を獲得する、といった方法が考えられるでし
ょう。

ただし、この手法をとるには絶対に必要なことがあります。

まずは第一に、作品(商品・サービス)に絶対の自信があること。
そして第ニに、地道なプロモーションを続け、結果を焦らないこと。

最小限のコストで最大限の効果を得るというのは、誰もが夢見るこ
とです。しかし、それが一朝一夕ではできないことを忘れてはいけ
ません。

低予算で作られた「おくりびと」が評価されたことは、私たちに希
望をあたえてくれました。

自社サービスを磨き続ける地道で堅実な努力と、プロモーションが
芽吹くまでじっくり待つ忍耐力。これを意識することができれば、
「おくりびと」のような成功を収めるのも夢ではないはずです。

2009.03.11


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。