ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

ホームページで「伝える」時の力の配分

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2004.01.28

何かを伝えたい時は、力の配分に気をつけないと、何も伝わらなくなってしま
います。ユーザーとして「A」という内容を求めていたとして、たまたま見つ
けた次の6つのようなホームページがあった場合、どれが「A」の内容を表して
いるページだと思いますか?

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
┌───┐ ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐ ┌───┐
│AAA│ │ADA│ │ │ │ABC│ │AAA│ │BCD│
│AAA│ │BCB│ │ A │ │あいう│ │AAA│ │AAA│
│AAA│ │CBC│ │ │ │123│ │BCD│ │AAA│
│AAA│ │DAD│ │ │ │イロハ│ │EFG│ │AAA│
└───┘ └───┘ └───┘ └───┘ └───┘ └───┘

人によって多少の違いはあるかもしれませんが、おそらく
最もよく伝わるのは、(1) (3)
次に、(5) (6)
最後に、(2) (4)
という序列でないでしょうか?

ところが、実際にホームページを作ろうとすると、(2)や(4)のあれもこれも
というケースが多く見られます。「あれも伝えたい、これも伝えたい」と情報
の量や種類を増やすことによって、どんどん焦点がずれていきユーザーにとっ
てはさっぱりわかりにくいものとなってしまうのです。

このサイトは何のサイトなのか? このページは何のページなのか? 何気なく
サイトに訪れたユーザーが思ってくれる印象と、自社の伝えたい印象が合致し
ていなければ、サイトの成功が遠のいてしまいます。何かを「伝える」ために
は、「あれもこれも」ではなく「強弱、メリハリ」など力の配分に注意してみ
ましょう。すっきりシンプルに行くと意外にわかりやすくなるものです。

2004.01.28


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。