ブログ

[イーナチュラルな人々]

炊飯器を買い換えた話

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2021.11.24

炊飯器が壊れました。

正確には内釜内部のフッ素コーティングが剥がれてしまって、
お釜の地が見えている状態になってしまいました。

これはなんか体に悪いことあるのでは?とメーカーホームページを
確認したところ、意外にも人体への影響は特にないそうで、
もっと言えば炊飯機能自体にも特に問題ないとのこと。

そして、なんなら釜だけ購入することもできます。

電化製品好きな私としては、これは買い換える動機として不都合な
真実となります。このページは見なかったことにして、
新機種の物色を始めることにしました。

これまで使っていた炊飯器は、約10年使いました。

おそらく次も10年近く使うことになると思うので、
ここはケチケチせずに一番良いものを買ってやろうと目論見ました。

先に価格を見ちゃうと余計な先入観になる可能性があるので、
まずは価格情報を目に入れないようにして、
「欲しい」と思った製品を選ぶことにしました。

まぁ、高級機はどれも高機能ですね。
中には100通り以上の炊き分け可能な機種もあります。

米の味を100通り見極める高性能な舌をもつ人間は存在するのか
疑問も持ちましたが、炊き分けられる機能を持っていること自体に
価値があるのだと思い直して、自分を納得させました。

そうして選んだ私の御眼鏡にかなった一台、
さていくらかなーと鼻息荒く価格.comをチェックしてみました。

みなさん、いいですか、お値段7万円!7万円でご奉仕!!
(ジャパ○ット風に脳内再生お願いします)

たっかー!想定以上に高いです。高級機、甘く見てた―!

今の炊飯器は確か2万円ちょっとで購入したはずで、
その時もまぁまぁしたなと感じたのですが、
そのハードルを易々と超えてきましたよ。

うーん、悩む。
一番よいものを買うと、最初に決めてたしなぁ。

私もよい大人です、7万円は払えない額ではありません。
でも、払っていいか慎重に考える金額でもあります。

ウチは大体2日に1回ご飯を炊くので、
10年利用した場合の総稼働回数は1,825回。

購入金額7万円を総稼働回数で割ると、
1回当たりの利用料金は38円。

高いのか安いのか、全然よく分かりません。

あーでもポイント還元を考慮すればいくらになるから、
といったことをハイボールを飲みながら繰り返していたら、
いつの間にか買ってました。素敵ですね、アルコールって。

晴れて我が家になってきた高級炊飯器で炊いたお米は、
それはもうツヤツヤと光り輝いていて、ビックリするくらい
美味しいです。

が、それは、今食べているこの米が新潟の知人から送られてきた
ピカピカの新米だからという疑惑は、古い炊飯器を燃えない
ゴミの日に捨ててしまった今となっては、闇から闇に葬り去られる
ことになるのです。

2021.11.24


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。