ブログ

[イーナチュラルな人々]

ガイド本や口コミサイトに載っていない旅先の店

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2013.10.23

旅行初日、腹いっぱいに地元ご飯を食べた後に、
繁華街の裏路地に佇む和食居酒屋の看板をみつけました。

何となく美味そうな気配を感じて、
のれんをくぐってみたのですが、
あいにく満席で入ることができませんでした。

旅行二日目、予約しておいたお店で地元ご飯を食べた後、
昨日、玄関口から見えた地元の方々で
活気に溢れる雰囲気がやっぱり気になって、
夕べの裏路地の居酒屋に行ってみました。

やはり予約で一杯の様子でしたが、
大将がカウンターならと我々を招いてくれました。

閉店までずっといていいと言われ、
さすがに6時間もいられないよ?と思いましたが、
その感想は見事にハズれ、最後はカウンターで大将と
語り合うまで根が生えてしまいました。

メニューを見ると地元客に愛されるのも納得のリーズナブル。
でも、カウンター越しに運ばれる料理を見ると、
価格設定があまりにも良心的過ぎることがわかりました。

「あの料理なんですか」「あれと同じのください」と、
気になる料理のオンパレード、地元の食材を活かした創作和食を
地元の酒とで堪能した至極の時間でした。

大将に聞くと、某有名ホテルなどでフレンチの料理長をつとめて
おられたとのこと、フレンチと和と地元が融合し、
お店の方々のあたたかい「お・も・て・な・し」を受け、
楽しい時間があっという間に過ぎました。

大将が「よくぞ裏路地の怪しい店にきてくれた」と言ってましたが、
ガイドブックもネットも使わずにみつけた店は、
最高に記憶に残る名店でした。

このお店は「食べログ」にも「ぐるなび」にも、
「フォートラベル」にも「トリップアドバイザー」にも
掲載されていないお店です。

それにも関わらず毎晩地元の人達で賑わっており、
大将が思い描いた「大人の同級生が地元で気軽に集える場所」
になってました。

お店の宣伝に協力できればと思いましたが、
地元の人達が入れないお店になるのは本意で無いということなので、
友達が偶然その旅先へいく時に、こっそり教えてあげたいお店です。

次回は、旅の予約をする前に店の予約をします。

大将、ありがとうございました。

2013.10.23


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。