【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:Webに効くおクスリ

 

HOME » コラム(メルマガ) » Webに効くおクスリ » 処方箋:無機質なサイトには人物写真を

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

処方箋:無機質なサイトには人物写真を

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

最近、Webにおける人物写真の重要性をひしひしと感じています。

他の写真ももちろん大事なのですが、特に人物写真。会社の顔である社長や、
お客さんと直接関わるスタッフの写真などが載っていることで、その企業やお
店の雰囲気が伝わり、安心感と温かみを与えられるわけです。また、人物写真
には視線が定まりやすいので、画面がグッと締まる効果もあります。

何千文字の説明よりも、1枚の写真。

もともと社内でも、「写真は大事だよね」という話題はちょこちょこと上って
いました。そんな中、世間的にはどう思われているのか気になって「Web 写真
 重要性」で検索してみると、下記のブログが上位に引っかかってきました。

▼企業コミュニケーションにおけるビジュアルの重要性
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/102/10001733.html

この中で、航空自衛隊入間基地のサイトが紹介されているのですが、確かにど
の写真もとても素晴らしい。おそらく(というか絶対)、プロカメラマンによ
る撮影でしょう。人が生き生きとしていて、ある種の親近感すら感じます。

▼航空自衛隊入間基地
http://www.dii.jda.go.jp/asdf/cacw/index.html

普通の中小企業のサイトであれば、ここまでのクオリティの写真を撮ってもら
う必要はないでしょう。さほど大きく使う写真でなければ、自分たちで撮影し
たもので構わないと思います。市販されているコンパクトデジカメ程度の画素
数で十分ですし、画像編集ソフトなどを使えば、ある程度は補正もできます。

簡単な撮影のコツとしては、
(1)人物写真はピントを必ず目に持ってくる。
(2)何十枚も連写で撮って、一番いい写真を使う。
(3)撮影する側は、しゃがんだり、見下ろしたり、普段と違う目線で撮ってみる。
(4)撮影される側には、手を組んだり、物を持ってもらったりして動きをつける。
といったところでしょうか。もちろんできるだけ明るいところでフラッシュは
使わずに。

さて、ここ数日、某企業とその競合他社数社のサイトを、アクセシビリティや
SEOなど様々な観点から調査していました。そこで思ったのは、やはり人物写真
を効果的に使用しているサイトを見ると、自分もユーザーになりたくなる、と
いうこと。逆に写真の少ない無機質なサイトの心惹かれないことといったら!
訴求力の差は誰が見ても歴然でしょう。

とはいえ、実はアクセス数などを見てみると、いい写真を使ったサイトが、写
真のないいまいちパッとしないサイトに負けていたりするのが、Webの世界の面
白いところです。もちろん原因は、SEOなどサイトへ誘導することへの配慮が足
りないからです。

見栄えも集客も両立できているサイトは意外と少ないんだなぁと実感したので
した。だからこそ、我々のような会社の存在意義があるのですけどね。

2006年11月22日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。