【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:コレが気になる!

 

HOME » コラム(メルマガ) » コレが気になる! » 1920×1200(WUXGA)

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

1920×1200(WUXGA)

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

皆さんが使っているパソコンのモニターの解像度はご存じですか?
ウインドウズであれば、デスクトップで右クリック>画面のプロパティウイン
ドウ>設定タブ、と見れば「画面の解像度」という項目があります。

17型~19型程度のモニターなら、1024×768(XGA)~1280×1024(SXGA)ピクセル
程度に設定されていると思います。液晶モニターは最適な解像度が元々決まっ
ているため、普段はあまり気にされない部分でしょう。

ここ最近はモニターもずいぶん低価格・高解像度化が進み、1920×1200(WUXGA)
での表示が可能なモニターも珍しくなくなりました。また、ノートパソコンな
どで顕著ですが、面積が小さくても高解像度なモニターも増えてきています。

今後も高解像度化の傾向は続くと思われますが、一つ問題になってくる部分が
あります。例えば、17型液晶モニターの外寸はどれも大きく変わりませんが、
表示解像度は1024×768(XGA)から1920×1200(WUXGA)まで様々です。

しかし、パソコンをはじめとするデジタル機器のの画面表示は基本的に、ピク
セル(画素)単位です。仮に12ピクセルの大きさの文字をこの2つのモニターに
表示した場合、高解像度になるほど実寸が小さく見え、見た目の寸法は倍近く
変わることになります。

現在、多くのサイトではフォントの初期のサイズがピクセルで言えば12~18ピ
クセル程度です。ブラウザや環境によっても異なります。ユーザー側でも回避
策はありますし、安くなったとは言っても、やはり高解像度のモニターはまだ
普及価格帯というわけではありません。ただ、いずれ対策が必要になるかもし
れませんので、まずはフォントの指定を一括変更しやすいCSSの導入などを考え
てみてはいかがでしょうか。

2006年06月14日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。