【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » 今年は人元年

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

今年は人元年

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/齋藤 伸也


はるか昔、人に何かを伝えたり記録したりする道具は壁画でした。

やがて文字が発明され、竹簡や木簡を経て、何世紀も後に印刷技術
が確立されました。本という媒体で情報流通が格段に向上しました。

以降、写真、電話、ファックスなどが次々に出てきて、
20世紀後半にインターネットが現れました。
ホームページやメールを使いこなす人や会社が多数出現しています。

21世紀に入ってからは、ブログで情報発信の敷居が下がり、
twitterで誰もが情報を広められるようになり、
facebookで友人とのコミュニケーションが便利になっています。
私事ではありますが、つい先日に大学時代の友人と
異国の地で10年ぶりの再会を果たせたのもfacebookのおかげです。



さて今年は、どんな元年になるでしょうか?

私が思うに、ブログやtwitter、facebookといった道具ではなく、
人に焦点があたる年になると考えています。

・会社の中の人としての人
・家族の一員としての人
・地域やコミュニティなど社会の構成員としての人

その全てがつながり、一人の人としての価値に
焦点があたるイメージでしょうか。
以前は、会社での顔、家族での顔、社会での顔とある程度は
使い分けができたように思いますが、
道具の発達による情報の広がりと共に使い分けが難しくなり、
顔が1つになっていくことを実感しています。

会社でも同様です。広告宣伝と実際の商品が違う場合、
その情報はすぐに公のものとなり、情報も広がっていきます。
道具による情報と実体が同一になっていないと、
すぐに周知されるのです。



だからこそ、道具の使い方より、自分磨き会社磨きが
重要になってくると考えているのです。

人がコミュニケーションをする道具は、
これから先も新しいものが出てくるでしょう。
ただし、現時点でも道具は十分すぎるほど整いました。

ブログ書いて、facebookをやって、つぶやいて、
動画や写真を撮って公開していたら、
あっという間に時間は過ぎるでしょう。

そんな今だからこそ、人や会社を磨き上げ、
磨き上げた内容を道具を使って伝えていくのです。

2012年01月11日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。