【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » その自由は本当に必要ですか?

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

その自由は本当に必要ですか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/田中 秀史

ホームページは、いろいろな人に見られます。業種や商材によって
も変わるとは思いますが、老若男女・性別・趣味趣向・地域など様
々な属性を持った、様々な人に閲覧されます。

これに対応すべく、企業のWeb担当者や私たちのようなホームペー
ジ制作会社は、どうしたら閲覧者に伝わるホームページが出来るだ
ろうかと、あれやこれやと頭をヒネります。

この文章を読んでいる方の中にも、同じような経験をしたことがあ
る方もいらっしゃるのではないでしょうか?(あるいは、今まさに
お悩み中の方も)

自社サービスが多岐にわたり、想定されるホームページ閲覧者像も
同様に多様だと想定される場合、ホームページもそれに応えられる
ように、自由度の高いレイアウトや構成にしましょうという話にな
ることが多いです。

しかし、サイトの自由度を高めることが、本当に閲覧者の利便性向
上に繋がり、果ては自社の利益に繋がるのか、議論の余地はあると
思います。

サイトを訪れた訪問者に自由に見てもらうという考えは、一見する
と正しいように思えます。しかし、見方を少し変えると「ウチのサ
イトをこう見て欲しい!」という意図が、情報発信側=サイト運営
者の中で明確になっていないと捉えることも出来るのではないでしょ
うか。

誰もがうなずきやすい「自由度が高い」という言葉を錦の御旗にし
て、本当にお客様が欲しているサイトの姿について思考停止してし
まうのは、大きな危険をはらむことになると思います。

誤解の無いように言っておくと、私は自由度の高いホームページが
ダメだと言っているわけではありません。ただ、安易に自由度を偏
重することは、お客様の利益を損ねることもあるのではと考えてい
るのです。

モニターの向うにいるお客様は、本当に「自由」を望んでいるのか
と、ちょっとだけ考えてみても損はしないと思います。

2010年04月14日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。