【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » アクセス解析で広告の効果測定をする方法 基本編

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

アクセス解析で広告の効果測定をする方法 基本編

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

自社サイトの集客や問い合わせ増加などを目的として外部のサイトに広告を出
稿した場合、その効果がどれほどのものだったのか、ホームページを運営して
いく上では非常に気になるところです。広告に見合った成果が得られればさら
に投資をしたくなりますし、見合っていなければ別の集客方法を検討しなけれ
ばなりません。

一番ベストなのは、いくら投資をして、いくら売上や利益につながったのかと
いうことが、【数字】で明確になることです。これができれば経験や勘に頼った
広告出稿検討をする必要も無く、自信を持った広告出稿ができるようになりま
す。また、それが可能になるのがWebマーケティングの便利なところです。

ツールとして必要なのは、広告の効果測定が可能なアクセス解析です。アクセ
ス解析としてではなく広告効果測定ツールとして販売されているものをあるの
で、そういったツールでも問題ないでしょう。今回は、弊社で提供しているア
クセス解析ASP「いちにのアクセス解析」を活用して、外部サイトに広告を掲載
した場合の効果測定方法を紹介したいと思います。

→いちにのアクセス解析
http://www.12no3.com/access/

他サイトに広告を掲載する場合、ほとんどの場合は広告掲載先から自社運営サ
イトへリンクがされることと思います。このリンクをきっかけとして、効果測
定をします。何らかのリンクが無い場合は、残念ながら正しい効果測定ができ
ません。テレビや雑誌広告などと同様にこのようなリンクが無い場合には「○
○で検索してください」というようにして○○検索での来訪数を調べたりする
などして、擬似的に効果を測定する手段を用意する必要があります。

そして、リンクを経由して[サイト]に訪問した人の数を数えると集客件数がわ
かり、[問い合わせフォーム]を送信した後に[送信完了]ページを設けて、そこ
も含めてアクセス解析をすると、問い合わせ確率や問い合わせ単価などを導き
出せるようになります。問い合わせではなく注文ができるホームページであれ
ば、注文確率や注文単価などが導き出せます。

人の行動の一連の流れをアクセス解析で把握
広告リンク → [サイト内移動] → [問い合わせフォーム] → [送信完了]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もし何らかの要因で[送信完了]ページのアクセス解析ができないが件数だけは
わかるということであれば、広告を掲載していない期間の問い合わせ件数と、
広告を掲載している期間の問い合わせ件数とを分けて解析し、その差をみて代
替指標とすることになります。とはいっても、広告掲載先が複数ある場合はど
ちらの効果か測定しにくいので、できればリンクから送信完了までの一連の流
れをすべてアクセス解析できるのが望ましいということには変わりません。

「いちにのアクセス解析」にはコンバージョン解析という機能があり、この機
能を活用することで上記の効果測定ができます。コンバージョンとは転換する
の意味で、○○という条件での来訪者のうち△△に転換した人、などを測定す
ることになります。広告の効果測定をする場合は「行動解析」を活用し、デー
タ抽出条件の「リファラ指定」に広告掲載先URLを指定してリンク経由の訪問者
に限定し、「コンバージョン」にチェック、「コンバージョン対象ページ」に[
送信完了]ページ、「投資額」に広告投資額を入れて解析をすると、

コンバージョン件数=[送信完了した人]
コンバージョン率 =[送信完了した人]÷[広告リンクをクリックした人]
コンバージョン単価=[広告投資額]÷[送信完了した人]

ということが導き出せます。

→コンバージョン解析
http://www.12no3.com/access/trace_conversion.htm

→データ抽出条件
http://www.12no3.com/access/trace_joken.htm

広告出稿について件数、率、単価のどれを重視するのかによっても注目すべき
ポイントは変わってきますが、例えば問い合わせ1件につき5,000円以内であれ
ばとにかく件数を伸ばしたいということであれば、コンバージョン単価が5,000
円以内となる広告で件数を多く獲得できるものを見つけることでさらに効果的
な広告展開ができる、ということになります。

このような効果測定をして【数字】で理解することで、効果の出る広告に注力
し、効果の出ない広告を排除することができるのです。ホームページの集客や
効率の良い広告投資ができればしめたもの、同じお金を使うならより効果を出
せる使い方をしたいものです。

2006年01月11日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。