ブログ

[Webに効くおクスリ]

効能:年末年始休業による無用なトラブルを避けられます

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2007.12.26

2007年最後のメルマガとなりました。
今年一年、読者の皆様のホームページ営業活用はうまくできたでしょうか?

さて年末年始、多くの企業やお店はお休みを取られることと思います。会社に
よっては9連休以上になるところもあるようです。

もちろんその間も、ホームページは優秀な営業マンとして活動を続けます。

しかし、ホームページが営業してくれるとはいえ、最終的に対応するのはやは
り人間。長期休業中は顧客対応できませんので、ホームページにも下記のよう
なちょっとした心配りがあるといいですね。


◆12月中旬~12月末

◎年末年始の休業のお知らせを掲載
何日から休業に入るのか、年始の業務開始は何日からなのか、その間の問い合
わせにはいつ対応するのか。そのあたりの情報をトップページやお知らせペー
ジに掲載しましょう。

飲食店など、休業中にも顧客ニーズがありそうな業種の場合は、1週間以上前に
は掲載しておいた方がお客様に優しいと言えるでしょう。


◎問い合わせフォームの変更
問い合わせフォームや注文フォームがあるホームページの場合は、ページの分
かりやすい場所に「1月○日まで休業します。お問い合わせには○日以降随時対
応いたします」というような文章を掲載しておきましょう。
場合によっては、あらかじめフォームを送信不可にしてしまうのも一つの手で
す。


◆1月

◎年始の挨拶を掲載
年明けには、年始の挨拶を掲載してもいいかもしれません。
長期休業を挟んでお客さんが一気に動き出す時期に、しっかり業務開始してい
る印象を与えられますし、親近感を与える効果もあります。


ホームページの情報は思っている以上に顧客から重要視されています。
休業のお知らせが載っていないから問い合わせたのに、とクレームに発展する
こともありえます。そんなとき、「年末年始に休みがあるのは当たり前なのに、
問い合わせてくる客の方が悪い」と言うわけにはいきません。

上記のような情報の掲載は本当にちょっとしたことですが、転ばぬ先の杖です
ので、検討してみて下さい。

そして、休み明けには心機一転、憂いのないスタートを切りたいものです。

2007.12.26


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。