ブログ

[Webに効くおクスリ]

予防法:四段階でウイルスと戦いましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2007.02.28

世間では、ノロだ、ロタだ、インフルエンザだと何かしらのウイルスが蔓延し
ていますが、ネットの世界でもウイルスがなくなることはありません。

ウイルス対策のソフトも戦国時代のようで、価格競争でいえばとうとう更新料
0円というところも出てきているようです。


▼セキュリティソフトに更新料0円の流れ - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/news/200702/15/zero.html


また機能競争では、少し興味深い記事がありました。


▼次世代セキュリティーソフト攻防激化 バックアップ機能で差別化合戦 -
CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20343296,00.htm


データのバックアップ機能――つまり、「感染しないこと」や「ウイルス駆除」
ではなく「感染後の被害を最小限に食い止める」という部分での競争が始まっ
ているということです。

「マスクも抗生物質も、すでにかなりいい線いっているので、あとは痛み止め
や解熱剤で感染後の症状を抑えましょう」といったところでしょうか。

逆に言えば、優秀なソフトを入れても、感染するときはしてしまうということ。
そこで、ユーザー自身の「手洗い・うがい」も大事になってくるわけです。

手洗い・・・そもそも体内に侵入させない。
◎プロバイダ側でウイルスメールをフィルタリング。

うがい・・・体内に入ったウイルスを発症前に排除。
◎メールやファイルはちょっとでも怪しければ開かず削除。
◎ダウンロードしたプログラムは実行前にウイルスチェック。
◎よく分からないシステム警告文が表示されたり、不審なファイルを見つけた
 りしたときには、何も触らず、一度その文面やファイル名をネットで検索し
 てみる。

スパムメールの中にも、誘導されたサイトを閲覧するとウイルスやスパイウェ
アに感染する、というものもあるので、迷惑メールをフィルタリングするプラ
グインなどの導入もおすすめします。

このように、

1.サーバー側で消去(プロバイダに依頼)
2.パソコン侵入直前で排除(ソフト or 自分で)
3.侵入後に駆除(ソフト or 自分で)
4.感染被害を低減(ソフト or 自分で)

と、とれる手段はいくらでもありますし、便利なクスリ(セキュリティソフト)
も有料のものから無料のものまでたくさん開発されています。

近年は情報流出問題などもあり、セキュリティへの意識の低さはそのまま企業
の信用度の低さにつながります。セキュリティソフトの見直しも含め、「手洗
い・うがい」のような意識改革から改めて考える時期ではないでしょうか。

2007.02.28


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。