ブログ

[ニュースから読み解くWebマーケティング]

情報の握手

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2004.01.14

Weblogに注目が集まるのと同時に「RSS(RDF Site Summary)」にも注目が集ま
るようになってきました。主にWebサイトの更新情報が記述されたファイルで、
RSSリーダと呼ばれる専用ソフトで受信するのが一般的です。

RSSを使用すると最新情報を簡単に抽出することができるので、標準でRSSを備
えているWeblogをRSSリーダで読む人が増えています。またWeblogが増えること
でRSSにも注目が集まり、一般的なニュースサイトでもRSSを配信するところが
増えています。

CNET Japan
http://japan.cnet.com/info/rss

All About Japan
http://allabout.co.jp/rss/

いずれもRSSまたはRDFと書かれたところをクリックすると、実際のファイルが
表示されます。人間には分からないフォーマットなので、これを専用リーダで
読むわけです。

ホームページでの情報配信に始まり、昨年はメールマガジンが非常に注目を集
めた一年だったと思います。読者を集める方法や、メールマガジンをビジネス
にする方法など、あらゆる方法論が語られた一年でもあったと思います。そし
てSEOやキーワード広告など、SEM(Search Engine Marketing)が花開いた一年
でもあったと思います。

しかし大量消費されれば人は食傷気味になるもので、特にメールマガジンとい
うものに辟易してしまった人も多いのではないかと思います。もちろん本当に
良いメールマガジンの効果は高いようですが。

プロモーションメールは一人平均15種類、好まれるメールの条件とは?
http://www.enatural.org/archives/000851.html

このような中、なぜRSSに注目が集まるかと言えば、それは情報の出し手と受け
手の需要と供給が見事にマッチしているからではないかと、ぼくは考えていま
す。

現在は主に個人やニュースサイトの情報配信に利用されていますが、Eコマース
サイトが格安情報、お買い得情報を配信するようになったらどうでしょうか。
メールボックスに直接飛び込んでくる押しつけがましさはなく、各Webサイトを
巡回する手間もなく、好きな時に好みの情報をRSSリーダで閲覧するのです。

送り手としてはカテゴライズされた情報を配信することでターゲッティングが
できますし、受け手としても好みの情報のみを受信できるというメリットがあ
ります。システムをデータベース化すれば、これらの情報配信は自動化するこ
とも可能です。

「送りたいと情報」と「欲しい情報」が、緩やかにネット上で出会い握手する、
そんな世界がやってきそうな予感がします。新しい世界を予感させるからこそ、
加速度的にRSSが広まっているのではないかと思います。

レンタルサーバのロリポップでは、早速ショッピングカート機能にRSS配信機能
を取り付けています。月額250円の基本料金でクレジットカード決済まで利用で
きるそうで、利用者は嬉しく、同業者は恐ろしいサービスではないでしょうか。

Color Me Shop! mini
http://www.enatural.org/archives/000844.html

2004年のキーワードは「RSS」です。

2004.01.14


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。