ブログ

[ネットで○○する時]

ホームページって誰が作っているのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2007.02.14

最近では、企業内にWeb専任の担当者が置かれることは珍しくなくなりました。

少しコンピュータに明るい、という理由で担当者に任命されたケースもまた珍
しくないようで、「実はWebってよく分からないんです」という告白(?)を受け
ることもしばしばです。

そんな方に最初に聞かれることが多いのが、「ホームページ制作って誰が何を
やっているんですか?」という質問です。なるほど、確かに人の動きが見えな
いと、そもそもが理解しずらいかもしれません。

実際、ホームページ制作はその内容が高度化していくのに伴って、以前のよう
に一人の人間が最初から最後まで制作するという職人さん的プロセスから、そ
れぞれの分野に特化したスキル持った人間がチームを組んで制作するというス
タイルが主流になっています。

今回は、ホームページ制作ではどのような役割の人間が動いているか、簡単に
ご説明したいと思います。

●プロデューサー・ディレクター
ホームページの企画立案や予算管理・人員管理などプロジェクト全体を統括す
るのがプロデューサー、実際の制作現場で細かな指示をしたり制作物のチェッ
クをしたりするのがディレクター、というのが一般的な役割ですが、実際には
プロデューサーとディレクターが兼任というケースが多いです。

お客さんが接することになるのは、多くの場合でプロデューサー・ディレクター
という立場の人間のはずです。

●デザイナー
ホームページの「見た目」を作る人です。

ただ、単純に見た目といっても、美しい・格好いい「見た目」を作るのと、分
かりやすい・使いやすい「見た目」を作るのとでは求められる能力に違いがあ
ります。

最近では、ユーザビリティ(使いやすいか)・アクセシビリティ(誰にでもや
さしいか)の重要性が増していることもあり、デザイナーの仕事の中でも分業
化が進んでいる部分もあります。

●コーダー
ホームページは、HTMLと呼ばれる言語で記述されています。デザイナーが作っ
たデザインを、インターネット上で閲覧出来るようにHTML言語で記述するのが
コーダーの役割です。

デザイナーが兼任することも多かったのですが、求められる知識量が年々累積
していること、技術の進化スピードが速いという事情もあり、専門職化が進ん
でいるようです。

●プログラマー
会員管理システムやショッピングサイトなど、何らかの仕組みをホームページ
上で動作させる際は、プログラマーの出番となります。

以上が、ホームページ制作で動く人間の主だったところでしょうか。

この他にも、ライター(ホームページ内で使う文章を作成)やFLASH専門の人間
など、制作内容に応じてたくさんの人間が関わってきます。

ホームページの内容が高度化・複雑化する流れの中で、制作現場に関わる人間
も増える傾向が強まっているというのが、ホームページ制作の現状と言えます。

2007.02.14


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。