ブログ

[目からウロコの企業Web活用術]

売り手の言葉と買い手の言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2002.12.11

売り手は、自社で取り扱う商品(サービス)のプロです。毎日のようにその商品(
サービス)と付き合っており、何を聞かれても困りません。目の前にある難解な
商品(サービス)も、慣れ親しんだ本人にとってはあたり前のことなのです。さ
らに、何か広告を出そうホームページを開設しようなどという計画の際には、
よ~く考えた結果として「かっこいい言葉」や「難しい言葉」などを使ってし
まいます。

一方の買い手は、商品(サービス)について毎日考えることはありません。購入
を考えている商品(サービス)であっても、検討時期にはもちろん考えますが、
四六時中それを考えているわけではないのです。ですから、何かを欲しいと思っ
た時に検索エンジンに入力する言葉といえば「パッと思いついた言葉」「普段
使っている言葉」であって、決して売り手が考える「かっこいい言葉」や「難
しい言葉」ではないのです。

先日も自宅でこんなことがありました。マンションの管理会社からの手紙で
「機密性に優れた住宅のためドアの開閉時に音が鳴りやすいので【換気ガラリ】
を開けてください」という内容の文章だけの説明です。私はもともと分譲マン
ションのマーケティングや営業をしておりましたのでわかる内容ではありまし
たが、おそらくほとんどの方は「【換気ガラリ】って何?」という状態だと思
います。これは何を言っているのかわからないだろうなあと思っていたところ、
案の定、後日写真入りの解説が送られてきました。売り手が何気なく使う言葉
も買い手にとってはさっぱりわからないという典型的な例でした。

・あなたが使っている言葉は買い手の言葉ですか?
・あたり前と思っているけど、実は独りよがりな言葉ではありませんか?
・ホントにそんな言い方するの?

これは、ホームページの成果にもよ~くあらわれます。
・売り手の言葉なら、買い手は検索エンジンで見つけることができません。
・売り手の言葉なら、買い手には何の事やらわかりません。
・売り手の言葉なら、結局のところ成果は出ません。

売り手の言葉と買い手の言葉、今一度ご検討下さい。

2002.12.11


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。