ブログ

[コレが気になる!]

“ゼロ”では困るバックアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2007.03.14

「バックアップは大事」と聞けば、誰でも当たり前だと思うでしょうが、具体
的なデータの取得や復帰についてはどうでしょう。「WEBサイトのデータのバッ
クアップをして下さい」と言われても、何をすればいいのかすぐには思い浮か
ばない方も多いのではないでしょうか。

最近ではブログや安価なCMSの普及で、データベースと公開ファイルが別になっ
ているケースも増えてきています。つまり、サイトの構成によって、バックアッ
プの手法も多様化しているということになります。いくつかのケースを見てみ
ましょう。


1)HTMLを直接編集してFTPでアップロード、公開している場合
この場合は手元に編集したデータが存在するので、CD-R等のメディアにコピー
して、出来れば別の場所に保管しておくと確実です。オンラインストレージな
ども利用できそうです。


2)ブログ、CMSがファイル型のデータベースを利用している場合
BerkeleyDBや、SQLiteなどのデータベースを利用している場合は、データベー
スが通常のファイルと同じように存在しているので、FTPで取得することが出来
ます。

システムから生成された公開HTMLや、プログラムからアップロードした画像な
どはデータベースに格納されない物がほとんどなので、FTPで取得して保管して
おくと良いでしょう。


3)ブログ、CMSがMySQLを利用している場合
Movable Typeを利用する場合によく使われるデータベースで、利用するにはあ
る程度の知識が必要です。ポピュラーなのは、phpMyAdminを使ったエクスポー
トですが、履歴管理等のバックアップに特化した機能をもったWEBアプリも存在
します。

この場合も生成されている公開HTML等は別途取得しておく必要があります。万
が一、データベースのバックアップが無い場合でも、生成ファイルから再度デー
タを作り直せる可能性があります。


4)アウトソーシングをする場合
方法がわかっても、定期的に実行して履歴を管理して、復旧の検証も…
と、なるとなかなか思うようにいかないものです。そういう場合は保守サービ
スなどを利用すると、いざと言うときにもスムーズに復旧が出来ます。


いずれの場合も、保存しておくべきデータはどれなのか、個人情報のような重
要なデータの扱いをどうするか、コピーデータの分散をどうするか、といった
切り分けや、バックアップと更新の頻度のバランスなど、しっかりと事前に計
画を立てて行う事が大切です。

2007.03.14


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。