ブログ

[コレが気になる!]

ブログで300ページそれとも20ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/イーナチュラル :: 2005.02.09

最近「現在のサイトをブログ化したい」「現在のサイトのコンテンツのまま
SEOをした」といった引き合いをよく頂きます。どちらもコンテンツ追加はほ
とんどないという状態でのリニューアルです。ブログにしてもSEOにしても現
状のサイトを把握した後に見積もりを出すことになりますが、その金額はペー
ジ数はもちろんのこと、ページのパターン(ひな形)によりかなり影響します。

たとえばあるサイトは同じレイアウトで毎週追加されたページのコンテンツが
3年分(150ページ)ありました。その他のページも決まった形で入っている
為、ページパターンとしては20パターンとなります。これをブログに移行する
場合、単純に単価x単ページ数で見積もりするのではなく、完全に手作業で移
行するページ、半分プログラムで一部手作業で移行するページ、ほとんどプロ
グラムで変換するページというふうに3つに分けて計算します。変換プログラ
ムは指定URLから必要な情報だけを取り出し、ブログへ渡せる形に変換するもの
です。

もしリニューアルだったら300ページx単価+αとなっている見積もりも、この
形なら20ページ(20パターン)x個別単価+αとなり、そのままページ数で見
積もった場合よりと比べるとかなり価格に差が出ます。

自社のサイトのページ数やアクセス数は把握している方が多いですが、ページ
のパターンがどれぐらいあるかまでは普段あまり考えないでしょう。今後サイ
ト内のコンテンツがますます充実していくとページが増え、CMSといったツー
ルへの移行が検討されることになりますが、そのとき重要なのがこのパターン
数になります。今のうちに把握すると共に、ページ追加の際は新規パターンの
必要性があるか、それとも現状のパターンのどれかに当てはめられるかをきち
んと考えていた方が後々楽になるかもしれません。

貴社のサイトは何パターン、何ページですか?

2005.02.09


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。