ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

検索エンジン利用者に優しいネーミング

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2019.09.25

SEOに効果があるからと言って
すぐに変更できるものではありませんが、
検索エンジン利用者=つまり人に優しいネーミングがあります。

ネーミングとは、会社名・製品名・サービス名
サイト名のことを指しています。


この人に優しいネーミングを
なかば強引にあいうえお作文にすると・・・

・あいうえお順で上位になり
・インパクトがあり
・うっかり入力ミスがされにくく
・えらいユニークで
・覚えられやすい

といったものをオススメします。


逆に、検索エンジン利用者に優しくないネーミングとしては、
こんなサンプル企業名を紹介します。

例えば
「Dabid Cart」と書いて「デビッドカート」と読む会社です。
おそらくECカートを提供する会社でしょうか。

「Debit Card」と書いて「デビットカード」と読む
決済用カードがあまりにもメジャーなため、
「Dabid Cart」や「デビッドカート」で検索をしても、
「デビットカード」の検索結果になってしまっているでしょう。


また、「Dabid」はカタカナ入力をする際にも
表記ゆれが起きやすくなっています。

・デビッド
・デビット
・デービッド
・デービット
・デイヴィッド
・デイヴィット
・ディヴィッド
・ディヴィット
・ダビデ
 etc.

上記のような検索キーワードのニーズと結果のずれがあった場合、
会社名で検索している人に自社サイトを知らせることができません。
非常にもったいない話ですね。

検索エンジンが表記ゆれを自動補正してくれる場合もありますが、
できれば検索いただく内容と、結果に表示される内容を
同じ言葉に統一しておきたいものです。

会社名を気軽に変更することは簡単にはできませんが、
新しい製品やサービス名を検討する際には、
検索エンジン利用者のことも良く考慮した方がいいでしょう。

例として英語名を取り上げましたが、カタカナ英語、
難しい漢字や当て字、普通にタイプをしても出てこない文字なども、
同様のことが言えますので、ご注意下さいませ。

といったわけで、ネーミングを思いついたら、
そのネーミングで検索してみることを強くオススメします。

2019.09.25


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。