ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

今、ウェブサイトの軽量化を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/田中 秀史 :: 2018.03.14


自社サイトの「重さ」って気にしてますか?

ここで指す「重さ」とは、ウェブページを表示するために必要な
ファイルのデータ容量になりますが、このところGoogleさんが
この「重さ」が改善しようと啓蒙活動を展開しています。

最近では、次のようなツールをリリースしています。
モバイル回線(3G or 4G)で閲覧したときの、各サイトの軽さを
スコア化して比較できるツールです。

Winning on Mobile
https://www.thinkwithgoogle.com/feature/mobile/


さて、なぜGoogleさんがウェブの軽量化を啓蒙するかといえば、
ウェブの容量が多くなると、Googleさんが収集する情報が増える
一方で大変だからなんじゃない? と斜に構えた考え方も
出来なくもないですが、サイトが軽いに越したことはないのは
事実なので、素直に従っておいたほうが良さそうです。

さて、自社サイトの表示スピードをもう少し客観的に評価する
という点では、以前からのPageSpeed Insightsを利用するほうが
分かりやすいでしょうか。

PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/


こちらもGoogleさんのサービスです。
なんでもありますね、Googleさんは。

サイト名は、ずばり「モバイルでの勝利」です。
事実、ECサイトなどではページ読み込みスピードによって、
売り上げに大きな影響があると言われているので、
勝利という言葉も大げさというわけではありません。

ちなみに、私の主観ですがPageSpeed Insightsの評価は
結構辛口かなと思います。特にWebサーバー周りの設定は、
共用サーバーを借りている限りではどうにもならず、
満点を目指すと考えないほうが心安まるかもしれません。

ブローバンドという言葉を耳にする機会が少なくなるくらいに、
日本では高速なインターネット回線が当たり前になりました。
また、少々「重い」ページでも難なく表示出来るくらいに、
コンピュータの処理能力も向上しました。

それに伴い、以前よりもウェブページの容量が
議論の対象になることも減りましたが、
回線容量も計算能力も無尽蔵ではありません。

今後も持続可能なネット環境をにらんだ時、
重くなる一方だったウェブサイトも、
見直しが必要なタイミングかもしれません。

2018.03.14


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。