ブログ

[ホームページを「できる営業マン」にする方法]

ホームページコンテンツの見える化

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2011.04.27

レストランの注文で、こんな経験はありませんでしょうか?

内容と価格が書いてあるメニューをみてもピンとこなかったのが、
隣のテーブルに運ばれてきた美味しそうな料理に心を奪われて、
「同じ物ください・・・」と言いたくなってしまったこと。

メニューの文字より、目の前の実物がわかりやすいのでしょう。
隣の料理が、とても美味しそうに見えてしまいます。

これと同じようなことが、ホームページにも当てはまります。

文字を書き連ねたページよりも、
例えば1枚の写真があるだけでビビッと伝わってしまうこと。

ページから文字を無くそうという話ではありません。
文字は文字でたくさんあった方がいいです。
ユーザーが検索するのは文字ですし、
ページ内に文字があることで、理解を促進しますから。

文字「だけ」ではちょっと困る、という話です。

さきほどのレストランの話ではありませんが、
どうも伝わりにくいのです。

そこで、写真にできるモノがあれば、どんどん撮影しましょう。

商品そのものをありとあらゆる角度から、外からも中も、
そのパッケージ、商品を利用した効果、商品を利用する場所、
同梱物、作り手の顔、会社の建物、社内、スタッフや社長の顔、
などなど、あげればキリがありません。

写真を例にあげましたが、他にも動画や音声など様々です。

下記にあげますので、自社のホームページコンテンツに
活用できるものがないか、じ~っと眺めて確認しましょう。

・写真
・図解
・イラスト
・スケッチ
・マンガ

・音声
・動画
・フラッシュ
・CG
・アニメ

その文字、他で伝えられませんか?

2011.04.27


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。