ブログ

[イーナチュラルな人々]

どうにも気になるムシの話

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/齋藤 伸也 :: 2016.12.14

お食事時の方がいらっしゃったら、すいません。
ムシの話をさせて下さい。

我が家の浴室に、コバエが出るようになりました。
あまり俊敏ではないので、コバエが出てもすぐに退治できます。
が、退治してもしても、次から次へと湧いて出てきます。

さすがムシ!

で、浴室にコバエが出るのは、僕のせいだとされていました。
山で泥んこになった靴を、浴室で何度も洗っていたからです。
「山でこんなムシは見たことない」と言ったのですが、
なかなか聞き入れてもらえません。

でも、不思議でした。
浴室という狭い空間の中で、退治を繰り返しても
ずっと浴室にコバエがいたからです。

・殺虫剤
・自分で浴室大掃除
・プロの浴室掃除

どの対策も、一時的にはいなくなるのですが、
気づくとまたコバエが出てきます。

意を決して、コバエの調査をしてみました。
(ま、検索しただけです)

すると、我が家の浴室にいるムシは、
どうやらチョウバエという種類らしいです。

驚いたのは、チョウバエの一生のサイクルでした。
卵→幼虫→サナギ→成虫となって一生を終えるのに、
たった20~30日だそうです。

で、1匹の成虫から、たった2日で卵が200〜300個!

どおりで、退治が追いつかないわけです。

↓ウルトラがいちゅう大百科というサイトに出てました。
http://www.kincho.co.jp/gaichu/chobae.html
(注意:チョウバエのイラストと写真あり)

凄まじい種の繁栄サイクルを目の当たりにして、
なかばあきらめムードだった頃、
ついにその発生源を見つけました。

それは、バスタブのフタです。

フタの構造上、空洞になっていて小さな穴があいており、
その穴から幼虫が動き出しているのをみて、
フタの空洞がチョウバエの巣窟だと発見したのです。

即座に粗大ごみとして、処理させていただきました。

それから数日、まだ新たなチョウバエは出てきてませんが、
ユニットバスの隙間もあったりで、まだ気は休まりません。

皆様もお気を付け下さいませ。

2016.12.14


THEME

ARCHIVE


ブログトップへ

CONTACT USお問い合わせ

Webマーケティング・Web制作に関するご相談に、お答えします

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

平日9:30 - 17:30

BLOGブログ

MAIL
MAGAZINEメールマガジン

ホームページを
できる営業マンにする方法

顧客獲得・売上UP!を実現するWebマーケティング、セミナー、SEO対応ホームページ制作(サイト構築)、リスティング広告、アクセス解析など、実践型ノウハウ満載のWebマーケティングコラム。ビジネスブログやセミナー情報も。