【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ニュースから読み解くWebマーケティング

 

HOME » コラム(メルマガ) » ニュースから読み解くWebマーケティング » 承諾と未承諾

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

承諾と未承諾

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

カオスとなった検索エンジン業界で、また大きな動きがありました。これまで
独自の検索エンジン開発で頑張ってきたinfoseekが、Lycosの吸収を機に、つい
にGoogleの採用に至りました。

▼インフォシーク 検索エンジンにGoogleを採用(プレスリリース)
http://release.infoseek.co.jp/release/030901press.html

▼インフォシーク、Googleの検索エンジンを採用
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2003/09/01/303.html

これにより、Yahoo!、Excite、infoseek、biglobe、@nifty、aolなど、大方の
ポータルサイトはGoogleの検索結果を表示することになります。Yahoo! の
Inktomi、MSNの独自システムなどの動きもありますが、日本では、よりGoogle
の重要度が増した格好になりました。

続いて、Eメールマーケティングに関する面白いデータをご紹介しましょう。

▼「承認済み広告メールの効果は確実に上昇」、米DoubleClick
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/inet/263580

アメリカでの事例ですが「承諾済みメール」の効果が上昇しているそうです。
つまり「オプトインメール」です。消費者も賢くなり、オプトインする機会も
大幅に減っているのではないかと思います。オプトインは余程のことと言って
良いでしょう。そうした貴重なユーザと上手にコミュニケーションすることで、
売上向上に繋がっているというお話です。

また逆に、このようなデータも発表されました。

▼承諾しない広告メール、受信しても約8割が「内容をまったく見ずに削除」
http://japan.internet.com/research/20030905/1.html

受信を承諾していない広告メールを「1日1通以上」の頻度で受信するユーザー
は46%で、およそ8割のユーザーが「内容をまったく見ることなく」削除してい
るという調査結果です。裏返せば2割もの人が見ているとも取れますが、多くの
人に悪い印象を与えているのは事実ですから、気を付けたいですね。

メールマーケティングを行うときは、オプトアウトが簡単にできる仕組みにし
ましょう。ユーザ数が減るのが嫌だから解除しにくくするというのはいけませ
ん。解除しやすさも、信頼感の醸成に繋がります。

2003年09月10日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。