【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:コレが気になる!

 

HOME » コラム(メルマガ) » コレが気になる! » “ゼロ”では困るバックアップ

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

“ゼロ”では困るバックアップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

「バックアップは大事」と聞けば、誰でも当たり前だと思うでしょうが、具体
的なデータの取得や復帰についてはどうでしょう。「WEBサイトのデータのバッ
クアップをして下さい」と言われても、何をすればいいのかすぐには思い浮か
ばない方も多いのではないでしょうか。

最近ではブログや安価なCMSの普及で、データベースと公開ファイルが別になっ
ているケースも増えてきています。つまり、サイトの構成によって、バックアッ
プの手法も多様化しているということになります。いくつかのケースを見てみ
ましょう。


1)HTMLを直接編集してFTPでアップロード、公開している場合
この場合は手元に編集したデータが存在するので、CD-R等のメディアにコピー
して、出来れば別の場所に保管しておくと確実です。オンラインストレージな
ども利用できそうです。


2)ブログ、CMSがファイル型のデータベースを利用している場合
BerkeleyDBや、SQLiteなどのデータベースを利用している場合は、データベー
スが通常のファイルと同じように存在しているので、FTPで取得することが出来
ます。

システムから生成された公開HTMLや、プログラムからアップロードした画像な
どはデータベースに格納されない物がほとんどなので、FTPで取得して保管して
おくと良いでしょう。


3)ブログ、CMSがMySQLを利用している場合
Movable Typeを利用する場合によく使われるデータベースで、利用するにはあ
る程度の知識が必要です。ポピュラーなのは、phpMyAdminを使ったエクスポー
トですが、履歴管理等のバックアップに特化した機能をもったWEBアプリも存在
します。

この場合も生成されている公開HTML等は別途取得しておく必要があります。万
が一、データベースのバックアップが無い場合でも、生成ファイルから再度デー
タを作り直せる可能性があります。


4)アウトソーシングをする場合
方法がわかっても、定期的に実行して履歴を管理して、復旧の検証も…
と、なるとなかなか思うようにいかないものです。そういう場合は保守サービ
スなどを利用すると、いざと言うときにもスムーズに復旧が出来ます。


いずれの場合も、保存しておくべきデータはどれなのか、個人情報のような重
要なデータの扱いをどうするか、コピーデータの分散をどうするか、といった
切り分けや、バックアップと更新の頻度のバランスなど、しっかりと事前に計
画を立てて行う事が大切です。

2007年03月14日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。