【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » Webマーケティング「昔は上手くいってたのに...」

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

Webマーケティング「昔は上手くいってたのに...」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/齋藤 伸也

「昔は上手くいってたのに...」
最近よく聞くご相談が、これです。

「昔は上手くいってたのに、問い合わせが全然来なくなった」
「昔は上手くいってたのに、集客がすごく減ってきた」
「昔は上手くいってたのに、検索順位が落ちてきた」

などなど。

一度も成功していないわけではありません。
以前はうまくいっている時期もあったようです。

20年くらい前なら、
「ホームページがあるだけで、問い合わせがきた」

10年くらい前なら、
「SEOを専門家に依頼するだけで、問い合わせがきた」

5年くらい前なら、
「リスティング広告を出すだけで、問い合わせがきた」

といった具合でしょうか。

ところが現在は「◯◯だけ」で成功することが
とても難しくなってきています。

複雑化するWebマーケティング、とでもいいましょうか。

前述の例では、ホームページ、SEO、リスティング広告を
あげましたが、実際には、ソーシャルもあり、
ネット以外でも紙媒体があり、テレビCMがあり、
実際の営業マンの対応などリアルな動きもあり、
と、全てつながっています。

加えて、お客様が手にする情報量が爆発的に増えたことで、
あちこちで目にする情報や、得られる体験に不一致があると、
行動が止まってしまうようです。


こんな経験ありませんでしょうか?
せっかく見つけた飲食店、
一応口コミをと読んでみたら、入りたくなくなった。

せっかく見つけた旅館、
検索結果にネガティブ情報があり、泊まりたくなくなった。

せっかく見つけた発注先、
一応検索してみたら、発注したくなくなった。


情報には、お客さまの行動を促進する効果もあれば、
行動を抑制する逆の効果もありますね。

Webマーケティングが複雑化したとはいえ、
お客様の行動を正しく分析していけば、一歩前進です。

うまくいっている方法を促進し、
うまくいってない方法を抑制すれば、
自ずと結果は向上するのですから。

2017年11月22日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。