【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » キーワード至上主義SEOの終焉

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

キーワード至上主義SEOの終焉

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/田中 秀史

Yahooの検索結果がSSL化されると発表されてから、
約1ヵ月が経過しました。

Googleのように一気に変わるのかと思いきや、
SSL化への移行は思ったよりもゆるやかなのようで、私の環境では
まだSSLに移行しておらず、周りを見回してもまだの人も多いよう
です。

ただ、いずれすべての環境でSSL化が完了するはずで、
そうなった時がアクセス解析で検索キーワードが確認出来た時代が
終焉をむかえるわけです。

検索エンジンが進化して、キーワードではなく文章の意味を
理解して検索結果を生成するようになった今、昔に比べれば
検索キーワードの重要性は相対的に低くなっているのかも
しれません。

ただ、そうは言っても検索キーワードはサイト改善のヒントに
繋がることも多々あったので、これが一切分からなくなるのは
痛手には違いないと思います。

では、これからのSEOはどうなるのか。
これについては、多くの方が模索中であると思います。

個人的には、2つの方向に分かれるのではと思っています。

ひとつは、よりテクニカルな方向に研ぎ澄ましていくSEOです。
膨大なデータを分析し、検索エンジンのアルゴリズムの特徴を
明らかにして、それをサイトに反映していくというアプローチです。
検索エンジンとのチキンレース的な感じでしょうか。

もうひとつは、顧客の要求に徹底的に寄り添ったSEOです。
キーワードではなく、顧客がネット上で求めている情報を徹底的に
洗い出して、その情報を発信していくアプローチです。

検索エンジンよりも顧客の要求により配慮するという点で、
Customer Request Optimization、CROと読んでもいいでしょうか。

そもそもSEOは、検索エンジンの性能が今よりも低かった時代に、
検索結果でより露出を増やすための様々なテクニックです。

誤解を恐れずに言えば、検索エンジンが充分に優秀ならば、
SEOは必要がないものと言っても良いと思っています。

「顧客がどのように検索するか」ではなく、
「顧客は何を検索するか」にしっかりと考えを巡らせる能力が、
検索結果でより露出をするためには必要不可欠になると
考えています。

2015年09月09日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。