【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » 自社サイトに何ページ必要か?

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

自社サイトに何ページ必要か?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/齋藤 伸也

サイトリニューアルの際によくいただく質問に
「何ページぐらい必要ですか?」があります。

私の答えは、「顧客ニーズの数だけ必要です!」と言います。

ページを増やすアイデアを話すと、
イーナチュラルが儲かるからではないか?
と思われることもあるようですが、その答えは後半で書きます。



なぜ多数のページが必要かといいますと、
自社のターゲットとなる顧客のニーズがたった一つだけ、
などということは通常ありえません。

顧客ニーズが多様化している現代では、
無数のニーズに対応するべく
無数のページが必要ということになるでしょう。

特に、検索エンジンからの集客を考慮すると、
なおさら顧客ニーズ別ページは欠かせません。

なぜなら、お客様になって欲しい誰かが、
その商品やサービスについて詳しく知りたいと思いって
検索をするキーワードは複数単語の組み合わせであったり、
マニアックな用語であったりと、
誰もが思いつくキーワードでは無いからです。

当然、結果に表示されるのは、
そのことについてより詳しくページ記述されたページです。



例えば、私の好きなグッズの一つであるカメラの場合でも、
誰もが「カメラ」や「デジタルカメラ」で検索するわけではありません。

「メーカー名」や「商品名」で検索するかもしれませんし、
「運動会 デジカメ」「卒業式 カメラ」などと、
撮影したいイベントと組み合わせて検索することもあるでしょう。
「かわいいカメラ」「軽いカメラ」などと具体的なニーズで
検索されることもあります。

このようなニーズを持った人がいれば、何とか出会いたいですよね。
だから、顧客のニーズの数だけページが必要になるのです。




さて、冒頭の「ページ増=コスト増の提案?」の答えを書きます。

イーナチュラルでサイトリニューアルをする場合、
ページ増=コスト増とならないように、
その90%以上がCMS導入となっています。

CMSをうまく活用すれば、
ページの追加をする際に都度コストが発生しません。
これを活用して、何十ページというサイト規模でスタートして、
何千ページと成長させている企業もあります。

顧客獲得のためとはいえ1ページ毎にお金がかかるとあっては、
なかなか気持ち的にもやりにくいでしょうからね。

CMSについても何でもかんでも入れれば良い
というものでは無いのが難しいところですが、
顧客獲得効果が出るようなサイト構造とすれば、
その効果を最大限に活用できるでしょう。

2012年11月14日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。