【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ホームページを「できる営業マン」にする方法

 

HOME » コラム(メルマガ) » ホームページを「できる営業マン」にする方法 » 「持たない」という選択

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

「持たない」という選択

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

                                               文/田中 秀史

前回のコラムでは、ホームページを営業マンとして活用するうえで
は、情報の出し惜しみはすべきではないと述べてきました。

一方で、ネットの世界では情報を発信するだけでなく、「受信」す
る機会も多いはずです。大抵のホームページには、お問い合わせフォ
ームが設置されていて、顧客から問い合わせを受け付けられるよう
になっているでしょう。

では、自社の情報を積極的に発信するように、顧客の情報もあます
ことなく取得したほうが良いかと言えば、そうとも言い切れません。

例えば前述のお問い合わせフォームですが、作り手の思いが先行し
て、アレもコレもと記入項目が増えてしまうケースに、実際の制作
の現場でしばしば遭遇します。しかし、よくよく検討してみると、
どの項目も取りあえず聞いてみたい程度で、取得した情報を社内で
如何に活用するかまで気が回っていないことがあります。

また、情報を顧客から得るということは、相応の理由や互いのメリッ
トが存在するという前提条件が必要なはずですが、それがないがし
ろになっていたこともありました。

その情報は本当に必要な内容で、かつ社内で活用する下地が整って
いるか、十分に検討することが必要と言えます。

また顧客から取得した情報には、それを適切に管理する責任がとも
ないます。ここ数年、個人情報流出の事件を目にすることは珍しく
なくなりました。顧客から情報を取得することは、このような流出
のリスクも同時に抱え込むことになると考えたほうが良いでしょう。

そう考えると、例えばクレジットカード番号などの重要度の高い情
報は自社内には持たずに、専門の外部サービスなどを利用するとい
う方法も出てくるはずです。

顧客からは、あえて情報を取得しない。「持たない」という選択肢
は、場合によっては検討する必要があるでしょう。

2009年06月10日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。