【イーナチュラル】の ホームページをできる営業マンにするコラム:ネットで○○する時

 

HOME » コラム(メルマガ) » ネットで○○する時 » クチコミが成功する時

ホームページをできる営業マンにするコラム

メルマガ[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。】

登録解除 

クチコミが成功する時

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

数号前のメールマガジンで、CGM(Consumer Generated Media)とクチコミの関
係について触れましたが、つい先日、社団法人日本広告主協会主催のフォーラ
ムで「Web2.0時代のCGMについて」をテーマに、パネルディスカッションが開催
されたそうです。

INTERNET Watch:企業がCGMで成功する秘訣は「商品の品質」と「ネタの濃さ」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2006/09/08/13236.html

いわゆるクチコミマーケティングの最前線で活躍されている方々の発言だけあっ
て、完結にCGMの本質の部分が整理されていて分かりやすいです。

CGMの重要度が増した理由としては、

・「情報発信者が増え、商品に対する影響力が高まった」こと
・「口コミの場合と比べ、情報の伝達スピードが格段に上がった」こと

と指摘されています。その上で、CGMで成功するための条件として、

・「品質の高さ」
・「ネタの濃さ」

というような話がされたそうです。

品質が高くてネタが濃ければ、それってそもそも売れる商品なのでは?という
話もありますが、一方で高品質で濃いけれどうまく伝えることが出来ないが故
にブレイクしそこねている商品もあるのではと思います。そういった商品・サー
ビスこそ、CGMで語ってもらうメリットがあるのではないでしょうか?

その時に大切になるのが、人に自社商品・サービスを語ってもらう前に、自分
たち自身が如何に語れるかなのではと思います。深夜の通販番組のトークとか、
勉強になります(笑)

単なるスペック的な情報ではなく、切り口とストーリー性を持った情報。実は
昔から言われてきたことですが、もしかしたら今のWebでは最も出来ていないか
もしれないことが、いよいよ求められているのかも知れません。

以前にも書きましたが、個人的にはCGMは今後のWebマーケティングを考えてい
く中で、避けては通れないものになると思っています。ただ、そこをどのよう
に「通ればいいか」は、まだまだトライ&エラーを繰り返す必要がありそうで
す。

2006年09月13日   このエントリーをはてなブックマークに追加 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6661-2210

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

営業中。お問い合わせください

 
 

メールマガジン[ホームページを できる営業マン にする方法]

【2001年1月の創刊以来、毎月2回発行されている「まぐまぐ殿堂入り」のメールマガジンです。(読者数10,000名)】

登録解除 

イーナチュラルの書籍

その営業はもう、
ホームページに
まかせなさい!

翔泳社
齋藤伸也著
1,470円(税込)

ビジネスブログの
つくり方

秀和システム
齋藤伸也・共著
1,365円(税込)

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナー

Yahoo!プロモーション広告正規代理店・Googleアドワーズ認定パートナーです。

ビジネスブログ制作はお任せ下さい!

ビジネスブログ

SixApart社「MovableType」のパートナー企業です。